しごとの基礎英語 シーズン2 ハイブリッドキャストのご案内

しごとの基礎英語 番組情報はこちら

アキこと篠山輝信が台本無しの体当たりで、様ざまなビジネスシーンに挑む「しごとの基礎英語」。ご好評に応え、この秋から第2弾の放送が始まります。第2弾のテーマは「ストック・フレーズ」。あんなとき、こんなとき、とっさに英語が出てこないのは、そのフレーズが心にストックされていないから。でも、丸暗記ではありません。そのフレーズの”キモチ”と一緒に心にストックすることで、いざというときに英語がスッと口から出てくるようになります。

しごとの基礎英語

そして、ジョブキソ SECOND SEASONはハイブリッドキャストでお届け。ハイブリッドキャストは、放送と通信を連携させた新しいテレビサービスです。つまり、インターネットを介して、放送中に必要な情報が見れちゃうってこと。スマホやタブレットなどのセカンド・スクリーンを使えば、過去のキー・センテンスの音声だってチェックできます。語学学習をより豊かにするハイブリッドキャスト。ぜひ、「しごとの基礎英語」でその効果をお試しください。

※ご利用には、インターネットに接続したハイブリッドキャスト対応テレビが必要です。また、セカンド・スクリーンのご利用には専用アプリをインストールする必要があります。

ジョブキソのハイブリッドキャストサービス

放送中に、英文・日本語訳を確認しながら番組をご覧いただけます

アキが挑戦するさまざまなビジネスシーン。でも、「今なんて言ったの?」なんてことありませんか? そこで出演者が話す英文を、画面の左側に表示される文字で確認しながら番組をご覧いただけます。「英文の意味が分からない」という方は、矢印ボタンで「日本語」を選択し、決定を押していただければ文字情報が日本語に早変わり。自分が聞き取った英文を確認しながら見るも良し、日本語で意味を確認しながらは見るも良し。皆さまのレベルに合わせた使い方が出来るようになります。

しごとの基礎英語

英語表示中

しごとの基礎英語

日本語表示中

大西先生の解説が、もっとわかりやすく

フレーズ解説では、画面上にキーセンテンスの解説が文字で表示されます。テレビ放送中の音声を、思わず聞き逃してしまっても大丈夫。解説を読むことで、キーセンテンスの意味や使い方が、もっと頭に入ってきます。

しごとの基礎英語

解説中の画面

セカンドスクリーン連携で、もっと便利な使い方を

テレビ画面は、そのままの状態で楽しみたい、という方もご安心を。TV画面上に表示される文字情報は、専用アプリをインストールすれば、タブレットやスマホでご覧になることも出来ます。テレビはテレビのままで楽しみながら、セカンド・スクリーンでわからないときだけチラッと確認。セカンドスクリーン上の情報は、放送の内容に合わせて随時変化。でも、上下にスクロールすれば自分で好きに表示される情報を変えることができます。

セカンドスクリーンの情報は、放送中にいつでもスクロール可能
しごとの基礎英語

過去のキーセンテンスを音声と一緒に確認できます

ジョブキソ SECOND SEASONの放送は全100回。ずっと番組をご覧いただいていると、「あれ? 似たフレーズが先週も出てきたな…」なんて思うことがあるかもしれません。でも、ご安心を。ハイブリッドキャストでは、セカンドスクリーンを使って過去のキーセンテンスが確認できます。しかも、フレーズの横に表示されている再生ボタンをタップすれば、その音声まで確認できます。

ハイブリッドキャストをご覧いただくには

NHK Hybridcastは放送と通信を連携させた新しいテレビサービスです。
テレビとの連携方法やスマートフォン・タブレットとの連携方法などの詳しい使い方は、
こちらの「Hybridcastのはじめ方」をご覧ください。

NHK Hybridcast

NHKゴガク

このページのトップへ

語学をもっと学びたい !(クリックするとNHKサイトを離れます)
音声ダウンロード販売
語学DVD・キャラクターグッズ
月刊語学CD
ゴガクル
NHK語学テキスト