旅するドイツ語

過去の放送内容

11月13日(月)放送|11月16日(木)再放送
「第7回 ベルリンでビールとソーセージを味わおう!」

今週のキーフレーズ

Ich hätte gerne eine Currywurst.

カレーソーセージをください


キャプチャ1

(写真:NHK出版テキストより)

今回はベルリンならではの食を楽しみます!ベルリン名物として知られるカレーソーセージのお店を訪れ、きょうのフレーズIch hätte gerne eine Currywurst.(カレーソーセージをください)を使って注文。ジューシーなソーセージと秘伝のトマトケチャップソースのうまみに、前川さんも大満足です。続いて向かったのはベルリンのクラフトビールが飲めるパブ。いまベルリンでは小規模なブリュワリーが大人気で、地ビールを楽しむ人が増えているそうです。注文のフレーズを使って、前川さんも大好きな黒ビールを楽しみますよ。


ロケ地タイトル

キャプチャ1

カレーソーセージ屋さん

ベルリン名物Currywurst (カレーソーセージ)のお店。カレーソーセージは手軽に安く食べられるので、多くのベルリンっ子に愛されている。


キャプチャ2

たっぷりのトマトケチャップソースと一緒に、いただきます!


キャプチャ3

クラフトビールのお店

ドイツの様々な地域で作られたクラフトビールを提供するパブ。もちろん地元ベルリンのクラフトビールもたくさん。



11月6日(月)放送|11月9日(木)再放送
「第6回 ベルリンでショッピングを楽しもう!」

今週のキーフレーズ

Was ist das?

これは何ですか?


キャプチャ1

(写真:NHK出版テキストより)

今回はベルリンでお店めぐり。前川さんが好きという文房具屋さんや、個性的なキッチン雑貨を扱うお店を訪れます。何かわからないものがあったら、きょうのフレーズ”Was ist das?”(これは何ですか?)を使ってどんどん質問していきますよ。ショッピングを楽しんだ後は、ある食器屋さんを訪れます。ここは自分たちで絵付けをして、オリジナルの食器を作れることで人気のお店。前川さんたちもベルリンにちなんだ絵を描いて、思い出の品を作っていきます。


ロケ地タイトル

キャプチャ1

文房具屋さん

ミッテ地区にある、ヨーロッパ中から洗練されたデザインの商品を集めたお店。


キャプチャ2

雑貨屋さん

シェーネベルク地区にある雑貨屋さん。ヨーロッパ中のカラフルでユニークなキッチン雑貨を豊富に取りそろえている。


キャプチャ3

食器屋さん

クロイツベルク地区にあるお店。お客さんが自由に絵付けし、オリジナルの食器を作れる。



10月30日(月)放送|11月2日(木)再放送
「第5回 旧東ドイツの文化にふれてみよう!」

今週のキーフレーズ

Wo ist die East Side Gallery?

イーストサイドギャラリーはどこですか?


キャプチャ1

(写真:NHK出版テキストより)

今回のテーマは旧東ドイツの文化。1961年に築かれた「壁」によって街自体が東西に分かれるという数奇な運命をたどったベルリン。近年、その分断時代に旧東ドイツで育まれていた文化を見直し、再評価しようとする動きもあり、Ostalgie (オスタルギー/Ost東+Nostalgie郷愁) という造語にもなっています。
ベルリンの壁の名残に世界中のアーティストが絵を描いた「イーストサイドギャラリー」を見学したふたりは、旧東ドイツ時代の雑貨を専門に扱うお店を訪れたり、旧東ドイツ時代の料理が味わえるレストランを訪れ、ちょっぴりレトロで懐かしい旧東ドイツ文化の魅力に触れていきます。


ロケ地タイトル

キャプチャ1

East Side Gallery (イーストサイドギャラリー)

東西統一後、残された「ベルリンの壁」に世界中のアーティストが絵を描いた。ドイツ統一の象徴として愛され、観光名所となっている。


キャプチャ2

雑貨屋さん

旧東ドイツ時代の雑貨を専門に扱うお店。カラフルなたまご立てや、鉄道で使われていた食器など、温かみのある雑貨が並ぶ。


キャプチャ3

旧東ドイツ料理レストラン

旧東ドイツ時代に愛されていた料理の専門店。昔ながらの味が楽しめると、旧東ドイツ出身の方々が足しげく通うレストラン。



10月23日(月)放送|10月26日(木)再放送
「第4回 旅をふりかえり フレーズを復習しよう!」

今週のキーフレーズ

第1回~第3回の復習

キャプチャ1

(写真:NHK出版テキストより)

第4回は復習回。第1回~第3回までの旅をふりかえりながら、登場した役立つフレーズをおさらいしていきます。また、この復習回だけの特別なアニメや後半のコーナーもあります。旅に役立つフレーズをさらに定着させていきましょう!


アニメコーナータイトル

キャプチャ1

第4回の復習回はおなじみのアニメコーナーも特別編!ヴォルフガングくん(モーツァルト)もルートヴィヒくん(ベートーヴェン)もみんな和服を着て、大喜利に挑戦します。また、今回はゲスト出演者として“ぶらのすけ”ことブラームスも登場!大喜利の回答のなかには習ったフレーズが登場するので、楽しく学習できますよ。



ベルリンの俳優 ニクラス&ベルナルドの旅タイトル

第4回の後半では、ベルリンで俳優として活躍するニクラス&ベルナルドのふたりが登場!北ドイツの街シュヴェリーンを訪れ、これまでご紹介したフレーズを使いながら街歩きを楽しみます。本編で学習したフレーズが、ネイティブの間ではどんな風に使われるのかチェックしてみましょう。また、“北ドイツで最も美しい”と言われるお城をはじめ、風光明媚なシュヴェリーンの景色もお楽しみください。


キャプチャ1

ニクラス(右)とベルナルド(左)
ふたりは大学時代からの親友。


キャプチャ2

本編で登場したフレーズを使いながら
街歩きを楽しみます。


キャプチャ3

”北ドイツで最も美しい”と言われる
シュヴェリーン城。



10月16日(月)放送|10月19日(木)再放送
「第3回 ドイツで釣り 目指せ大物ゲット!」

今週のキーフレーズ

Ich heiße Yasu. Ich komme aus Japan.

ヤスと言います。日本から来ました。


キャプチャ1

(写真:NHK出版テキストより)

今回のテーマは釣り。釣りがいちばんの趣味という前川さんが、ベルリンに隣接するブランデンブルク州にある湖で釣りを楽しみます。ブランデンブルク州釣り協会・会長であるアンドレアス・コペツキさんにきょうのフレーズ”Ich heiße Yasu. Ich komme aus Japan.”(ヤスと言います。日本から来ました。)を使って自己紹介をすませ、釣り開始!
コペツキさんと釣り人トークを楽しみながら粘ることおよそ1時間、なんと前川さん50cmのHecht(カワカマス)を釣り上げました!釣りを楽しんだ後はブランデンブルク州を代表する魚であるZander(パイクパーチ)を炭火で塩焼きにし、いただきます!


ロケ地タイトル

キャプチャ1

グローサーシャオエナーゼー(Großer Schauener See)

ベルリンに隣接するブランデンブルク州にある湖。豊かな自然が広がっており、アウトドアを楽しむ人々で賑わう。湖の近くには魚料理が食べられるレストランも。


キャプチャ2

釣りを楽しむ前川さんたち



10月9日(月)放送|10月12日(木)再放送
「第2回 ベルリンのファッションシーンに迫ろう!」

今週のキーフレーズ

Super!

最高!/いいね!/すばらしい!


キャプチャ1

(写真:NHK出版テキストより)

今回のテーマはベルリンのファッション。ベルリンっ子らしい自由で個性的なファッションを楽しむため、前川さんも街へ繰り出します。ファッションに関心の高い人たちで賑わうミッテ地区では、出会った若者のオシャレなコーディネートを見て”Super!”(最高!)と感想を伝えます。その後、ハッケシェ ヘーフェと呼ばれる場所にある服飾店を訪れ、いまベルリンで流行しているという蝶ネクタイを見たり、カラフルで奇抜なシャツの専門店を訪れ気に入ったシャツを購入。服のキロ買いができるという古着屋さんでは古着だけで全身をコーディネート!ベルリンっ子らしいファッションを目指してショッピングを楽しみます。


ロケ地タイトル

キャプチャ1

ハッケシェ へーフェ Hackesche Höfe

ミッテ地区に1906年に造られた建物。8つの中庭をもち、映画館やカフェ、服飾店等も多い人気の観光地。


キャプチャ2

シャツの専門店

シャルロッテンブルク地区にあるシャツ屋さん。店主のシュテファン・グリーゼさんがデザインした奇抜でカラフルなシャツが並ぶ。


キャプチャ3

古着屋さん

クロイツベルク地区にある古着屋さん。1着ごとに重さで値段を決めるシステムを採用しており、品ぞろえの良さから若者たちに大人気のお店。



10月2日(月)放送|10月5日(木)再放送
「第1回 ベルリンへようこそ!」

今週のキーフレーズ

Das, bitte.

これをください


キャプチャ1

(写真:NHK出版テキストより)

ドイツの首都ベルリンへやってきた俳優の前川泰之さん。ベルリンで生まれ育ったラプシュ麻衣さんの案内で、旅に役立つフレーズを学びながら旅します。まず最初に向かったのは麻衣さんが愛してやまないというケバブ屋さん。実はベルリンにはトルコ系の移民が多く暮らしていて、街中にはケバブのお店がたくさん!もはやベルリン名物といっても過言ではないケバブを、きょうのフレーズDas, bitte.(これをください)で注文します。お肉と野菜がたっぷりのケバブに、前川さんも大満足。その後、観光名所であるベルリン大聖堂を訪れたり、街の中心にある緑豊かな公園ティアガルテンを散策したりと、ベルリンの街歩きを存分に楽しみます。


ロケ地タイトル

キャプチャ1

ケバブ屋さん

クロイツベルク地区にあるケバブ屋さん。たっぷりの野菜が入ったボリューム満点のケバブが人気を呼び、今や1時間待ちも珍しくない。


キャプチャ2

ベルリン大聖堂 Berliner Dom

ベルリンで最も規模の大きい教会。114mあるドーム部分に上ると、ベルリンの街を360度一望できる。


キャプチャ3

ティアガルテン Tiergarten

ベルリンの中心に位置する広大な公園。もともと狩りを楽しむ王族のために整備された場所だったため、Tier(動物)garten(公園)と呼ばれている。


NHKゴガク

このページのトップへ

語学をもっと学びたい !(クリックするとNHKサイトを離れます)
音声ダウンロード販売
語学DVD・キャラクターグッズ
月刊語学CD
ゴガクル
NHK語学テキスト