英語タイトルのMINI-ROCKET LAUNCH A SUCCESSは「小型ロケット打ち上げ成功」です。
宇宙航空研究開発機構=JAXAが実験用に開発した世界最小クラスのミニロケットが、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。その後このミニロケットは、搭載した超小型衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げ実験は成功しました。
今回のニュースで、将来の宇宙ビジネスを語るための英語表現を学びましょう。

超小型ロケットの打ち上げ成功

Officials at Japan's space agency have reason to celebrate after successfully putting a microsatellite into orbit onboard a domestically made mini-rocket.
The rocket was launched from the Uchinoura Space Center in southwestern Japan on Saturday afternoon. Officials with the Japan Aerospace Exploration Agency say the microsatellite was then released into its designated orbit.
The 10-meter-long rocket is one of the smallest in the world. The microsatellite measures 12 by 12 centimeters and is 35 centimeters long. The three-kilogram device was developed by a team at the University of Tokyo.
The satellite will capture images of the Earth which will then be beamed back to ground control. Both the rocket and satellite were made using consumer parts to reduce costs.
The launch comes as the global demand for microsatellites is growing. JAXA officials hope the success of the launch will encourage private businesses to expand into the space sector.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の宇宙機関には、お祝いをする理由があります。国産のミニロケットに搭載した超小型衛星を軌道に投入することに成功したからです。
ロケットは土曜日(2月3日)午後、日本の南西部にある内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。JAXA=宇宙航空研究開発機構によりますと、超小型衛星はその後、指定された軌道に乗ったということです。
打ち上げられたロケットは全長10メートルで、世界最小クラスです。また、超小型衛星は縦・横12センチ、長さ35センチ、重さは3キロで、東京大学のチームが開発しました。
超小型衛星は、撮影した地球の画像を地上の管制局に送ります。ミニロケットと衛星はどちらも、コスト削減のため民生用の部品を使って作られているのが特徴です。
今回の打ち上げは超小型衛星の需要が世界的に増えていることを受けたもので、JAXAでは、打ち上げの成功が民間企業の宇宙ビジネスへの進出の後押しになることを期待しています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。