英語タイトルのWORLD'S DEEPEST FISH ON VIDEOは「映像に捉えられた世界最深の魚」です。
海洋研究開発機構とNHKは、これまでで最も深い水深8,000メートル余りの深海で、生息する魚を撮影することに成功しました。
ニュース本文ではunmanned probe、ultra-high-definition 4K cameraといった、調査に使用した機材の名前が出てきます。カメラに映し出された魚はどのような種類のものだったかなどにも注目しながら、このニュースを学びましょう。

8000メートル余の深海で魚を撮影

A team of Japanese researchers has succeeded in filming a fish swimming at a depth of nearly 8,200 meters in the Pacific Ocean ― the deepest ever on record.
Researchers with the Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology used an unmanned probe. It was equipped with an ultra-high-definition 4K camera provided by NHK. In May, they lowered the probe to a depth of 8,178 meters in the Mariana Trench.
They used mackerel as bait. Amphipods showed up first to feed. Then, 17 and a half hours later, the camera captured a translucent fish. The 20-centimeter fish is thought to belong to the snailfish family.
Scientists believe the maximum depth a fish can survive is 8,200 meters. Beyond that depth, they think the water pressure is too high for cells to function.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の研究グループが、太平洋の水深8,200メートル近くの深海を泳ぐ魚の撮影に成功しました。これまでに撮影された中で、最も深い場所での魚の映像です。
海洋研究開発機構の研究者たちは5月、マリアナ海溝の水深8,178メートルの所に、NHKが提供した超高解像度4Kカメラを搭載した無人の観測装置を降ろしました。
餌のサバを食べるため最初に現れたのは端脚類(という甲殻類の一種)でした。その17時間半後、カメラは半透明の魚の姿を捉えました。撮影された体長20センチの魚は、(シンカイ)クサウオの仲間と見られています。
科学者たちは、魚が生存できるのは最大で水深8,200メートルまでで、それ以上の深さになると細胞の機能が水圧で損なわれてしまうと考えています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。