英語タイトルのENERGY FROM THE OCEANは「海からのエネルギー」です。
海の流れを利用して電気を起こす海流発電の実証実験が、鹿児島県のトカラ列島にある口之島の沖合で行われ、最大で30キロワットの発電に成功しました。
再生可能エネルギーに関する語彙に注目しながらニュースを学び、エネルギー問題について英語で会話してみましょう。

海流発電の実験に成功

Researchers in Japan say they've made a breakthrough in the renewable energy field. They say they've succeeded in harnessing ocean currents to create electricity.
Japanese machinery maker IHI and a government-backed energy research organization tested a turbine in waters off the southwestern prefecture of Kagoshima. They say it produced up to 30 kilowatts of electricity.
And they believe the ocean will prove to be a more reliable source of power than solar or wind because it doesn't vary by season or time of day.
One expert says the ocean's currents could one day supply five percent of Japan's electricity.

(Ken Takagi / Professor, University of Tokyo)
"I think we should take advantage of the sea for many things. It's a good approach for Japan."

The researchers say they're hoping to put their technology into practical use in 2020.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の研究者たちが海流を利用した発電に成功し、再生可能エネルギーの分野で画期的な前進を成し遂げたと語りました。
日本の機械メーカーIHIと政府のエネルギー研究機関が、日本の南西に位置する鹿児島県の沖合でタービンを使った実験を行い、最大で30キロワットの発電に成功しました。
研究者たちは季節や時刻によって(大きく)変動しない海流は、太陽光や風力よりも安定した動力源になるに違いないと考えているということです。
東京大学の高木健教授は、海流はいつか日本の電力の5パーセントを供給できるようになるかもしれないとしたうえで、「海を多くのことに利用すべきです。それが日本にとって良い方法だと思います」と語りました。
研究者たちは、この技術を2020年には実用化したいとしています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。