英語タイトルのDRIED BONITO TO GET OK FOR EU SALEは「かつお節、EUでの販売許可取得へ」です。英語ニュースのタイトルでは、予定されていることを言うためにto ...の形を使います。
和食に欠かせないかつお節は、EU=ヨーロッパ連合への輸出が規制されていますが、静岡県の水産加工会社が水産庁から全国で初めて輸出の認定を受けることになりました。
このニュースを通して、料理・食材に関連する語彙を増やしましょう。

かつお節のEU輸出 認定へ

A company in central Japan is to become the first maker of dried bonito to get the green light to export it to the European Union. The key ingredient in Japanese cuisine is also known as katsuobushi.
Dried bonito is used to make broth. Demand for the product is rising in Europe, thanks to the popularity of Japanese dishes, but strict EU food hygiene rules have prevented Japan from exporting it.
The company in Shizuoka Prefecture will soon receive certification under an international standard for food safety management. It has renovated its factory to meet European regulations with help from local authorities. It hopes to start exports as early as April.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の中部にある会社が、乾燥させたかつおの製造会社として初めて、EU=ヨーロッパ連合への輸出を認められることになりました。和食に欠かせないこの食材は、かつお節としても知られています。
かつお節は、だしを取るのに使われます。和食人気のおかげでヨーロッパでのかつお節の需要は高まっていますが、EUが定める食品衛生の基準が厳しく、これまでは日本産のかつお節を輸出することはできませんでした。
静岡県にあるこの会社は近く、食品安全管理の国際基準のもとで認定を受けることになります。この会社は静岡県などの協力を得て、ヨーロッパでの(衛生)基準に適合するよう工場の改修を進めてきたもので、4月にも(EUに向けたかつお節の)輸出に乗り出したい考えです。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。