英語タイトルのCRUZ DROPS WHITE HOUSE BIDは「クルーズ氏、ホワイトハウス(に入る)試みを断念」です。
アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びは、中西部インディアナ州で予備選挙が行われ、共和党ではドナルド・トランプ氏が勝利を確実にしました。一方、最大のライバルだったテッド・クルーズ上院議員は選挙活動をsuspend(中断する)と発表し、選挙戦から撤退する考えを表明しました。トランプ氏が共和党の統一候補としての指名獲得に必要な過半数の代議員を確保するのが、ほぼ確実な情勢です。
アメリカの民主主義について議論するための表現を覚えましょう。

米大統領選 トランプ氏指名獲得へ

U.S. Senator Ted Cruz has announced he's dropping out of the race for the presidency. He says he can no longer see a viable path to victory after losing the Indiana primary to Republican rival Donald Trump.

(Ted Cruz / Republican candidate)
"We gave it everything we've got, but the voters chose another path. And so, with a heavy heart, but with boundless optimism for the long-term future of our nation, we are suspending our campaign."

With nearly 100 percent of the votes counted in Indiana, Trump was at 53 percent, Cruz 37, and Ohio Governor John Kasich had eight percent. Cruz had vowed to stay in the race right to the end, but the result in Indiana made it all but impossible for him to stop Trump.
Republican National Committee Chairman Reince Priebus has called the real estate mogul the presumptive nominee and asked the party to unite behind him.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
アメリカのテッド・クルーズ上院議員が、大統領候補の指名争いから撤退することを明らかにしました。クルーズ氏は、インディアナ州での予備選でライバルのドナルド・トランプ氏に敗れたことを受けて、指名獲得を実現できる道はもはや閉ざされてしまったと語りました。クルーズ氏は、「できることは全てやりましたが、有権者は別の道を選びました。ですから、大変残念ではありますが、長期的なこの国の将来に対しては限りなく明るい展望を持ちつつ、この選挙戦から撤退することにしました」と述べました。
インディアナ州(の予備選)は開票率がほぼ100%となり、得票率はトランプ氏が53%、クルーズ氏が37%、オハイオ州知事のジョン・ケーシック氏が8%でした。クルーズ氏は最後まで選挙戦を戦うと明言していましたが、インディアナ州の結果が出たことで、トランプ氏(の勢い)を止めることがほとんど不可能となりました。
共和党全国委員会のラインス・プリーバス委員長は、不動産王のトランプ氏を事実上の大統領候補とし、トランプ氏のもとで党が結束するよう呼びかけました。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。