英語タイトルのNEW USE FOR IPS CELLSは「iPS細胞に新たな使用法」という意味です。
今回は、慶応大学の研究グループが、iPS細胞からヒトに移植が可能な心臓の筋肉細胞を作り出すことに成功したというニュースです。具体的には、iPS細胞をどのように使うのでしょうか。今までは、どういった点が困難だったのでしょうか。こうした点に注意しながら、心不全の患者の治療法に関する研究成果を英語で学習し、会話でも取り上げましょう。

iPS細胞活用で心不全患者に朗報 (アンコール放送)

Japanese researchers say they've taken a major step toward improving treatment of people with serious cardiac problems. They've used iPS cells to make heart muscle cells pure enough to transplant into humans.
Professor Keiichi Fukuda and his team want to start clinical trials as early as next year. iPS cells can be turned into any kind of tissue. The researchers had previously succeeded in transforming them into heart muscle cells. But when they tested those cells in pigs, they found a small number that hadn't transformed could become tumorous. The team says it used a special solution that killed off the potentially dangerous cells.

(Keiichi Fukuda / Keio University Professor)
"We hope to use this technology to help treat people with major heart failure."

Fukuda says he wants to help patients whose only option is a heart transplant.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の研究グループが、重い心臓病患者の治療の改善に向けて、大きく前進したことを明らかにしました。iPS細胞から、ヒトに移植が可能な純度の高い心臓の筋肉細胞を作り出したということです。
(慶応大学の)福田恵一教授らの研究グループは、早ければ来年にも臨床試験を始めたい考えです。iPS細胞は、身体のさまざまな細胞組織になることができる細胞です。研究グループはすでに、iPS細胞から心臓の筋肉細胞を作り出すことには成功していました。しかし、これらの細胞をブタで実験したところ、僅かに残った未分化なiPS細胞が腫瘍を作る可能性があることが分かりました。研究チームは、特別な培養液を使うことで、潜在的に危険がある細胞を死滅させることに成功したということです。
福田教授は、「この技術を使って、重度の心不全の患者さんを治療する手助けができればと期待しています」としたうえで、心臓移植以外に治療法の無い患者を救いたいと話しています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。