英語タイトルのPARIS READY FOR CHRISTMASは「パリはクリスマスの準備が完了」という意味で、パリはクリスマスに向けて準備が整ったことを伝えています。
今回のニュースは、パリで毎年恒例のクリスマス用の電飾が登場したというニュースです。このイルミネーションは、どこに飾られたのでしょうか。それは、いつまで続くのでしょうか。こうした点に注意しながら、パリの年末年始の様子を英語で学習し、会話でも話題にしてみましょう。

このコンテンツの公開は終了しました。

The French capital, Paris, also known as the City of Lights, has taken on a new twinkle. The annual Christmas lights display has been switched on along the main avenue, the Champs-Elysees, marking the beginning of the holiday season.
The two-kilometer illumination stretches from the Arc de Triomphe to the Place de la Concorde. Strings consisting of 800,000 light bulbs have been strung from the trees along the avenue.
Since 2007, city workers have been using LED bulbs. The energy consumption of this year's show is expected to be a mere two percent of what it was eight years ago.

(Spectator)
"We come here every year. I think it's just like magic for children."

The light show will continue through January 7th. An estimated 26 million people are expected to turn up.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
光の街としても知られるフランスの首都パリが、新たな輝きで彩られました。シャンゼリゼ大通り沿いでは、毎年恒例のクリスマス・イルミネーションに灯が入り、(年末の)休暇シーズンの訪れを告げています。
2キロにわたるイルミネーションが、凱旋門からコンコルド広場まで続いています。80万個の電球がひものようにつるされて、大通りの街路樹に飾られています。
パリでは2007年からLED電球を使っていて、今年のイルミネーションの電力消費量は8年前のわずか2パーセントで済むと見られています。
イルミネーションを見に来た人は「私たちは毎年ここへ来るのですが、子供たちにとっては魔法のようですね」と話していました。
この光のショーは1月7日まで続き、およそ2,600万人が訪れると見られています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。