英語タイトルのEYEは「注目する、目をつける」という動詞として使われており、COFFEE SHOPS EYE TEAは「コーヒー店が紅茶に注目」という意味です。
コーヒー豆の取引価格が上昇する中、あるコーヒーチェーン店が紅茶の販売に力を入れると発表しました。コーヒー豆の値段は、なぜ上昇したのでしょうか。紅茶を主力商品にする理由は何でしょうか。こうした点に注意しながら現在の経済状況を英語で学習し、コーヒーや紅茶の値段について会話でも話題にしてみましょう。

このコンテンツの公開は終了しました。

Japanese coffee shops have been hit hard by the weaker yen. It has pushed up the price of imported coffee beans. Now, operators of one chain are trying a new strategy that focuses on tea.
Executives at coffee shop chain Pronto say they'll add tea to their core menu next month. The outlets will offer a cup for right around two dollars 70 cents. That's about 65 cents more than a cup of coffee. Executives say they hope to double their sales of tea.
They're concerned that keeping a focus on coffee will hurt their profit margins. The cost of coffee beans from major exporter Brazil has jumped since early in the year. Bad weather has led to some damaged crops there.
Japanese cafe chains are also facing stiffer competition from convenience stores that have begun selling their own coffee.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本のコーヒー店が、円安の影響で大きな打撃を受けています。円安が輸入コーヒー豆の価格を押し上げたためで、あるチェーン店の経営陣は、紅茶に焦点を当てた新戦略を試しています。
コーヒーチェーン店「プロント」の経営陣は、来月から主力商品に紅茶を加えることを明らかにしています。店では(紅茶を)1杯2ドル70セントほどで提供することにしています。これは、コーヒー1杯の値段よりおよそ65セント高くなります。経営陣は紅茶の販売を2倍にしたいと話しています。
プロントでは、コーヒーを主力商品にし続けると利益が悪化することを心配しています。主要な輸出国であるブラジル産のコーヒー豆の値段は、今年はじめから急騰しています。悪天候で農作物が被害を受けたためです。
日本のコーヒーチェーン店は、自前のコーヒーの販売を始めたコンビニエンスストアとのより熾烈な競争にも直面しています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。