英語タイトルのMADE IN JAPAN JET UNVEILEDは「日本で作られたジェット機、公開される」です。完全な文にすると、A made-in-Japan jet has been unveiled. です。
およそ半世紀ぶりの国産旅客機として開発が進められている小型ジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の初めての機体が完成し、愛知県の工場で公開されました。順調に進めば、3年後に量産型の最初の飛行機を航空会社にdeliver(引き渡す)見込みです。
日本で再び航空産業が発展するのでしょうか? この動きについて語る表現を覚えましょう。

このコンテンツの公開は終了しました。

A ceremony has been held to mark the unveiling of Japan's first domestically-developed passenger plane in about 50 years.
The Mitsubishi Regional Jet was developed by Mitsubishi Aircraft Corporation. The first model was displayed at a ceremony in Aichi Prefecture.
The aircraft measures 35.8 meters long and has a wingspan of 29.2 meters. Each wing is fitted with a state-of-the-art single engine. The aircraft has 78 to 92 seats.
Engineers designed the jet for short-distance flights as demand for such services are on the rise around the world, particularly in emerging economies. Officials say they've already received orders for 400 of the fuel efficient jets from domestic and international carriers.
Mitsubishi has been testing the strength of the fuselage since earlier this month. Officials say they expect to conduct a full-scale test flight as early as April. They plan to deliver the first jet to All Nippon Airways in April 2017.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本でおよそ50年ぶりに開発された国産旅客機のお披露目式典が行われました。
三菱リージョナルジェットは三菱航空機株式会社によって開発されたもので、最初の機体が愛知県で行われた式典で公開されました。
この飛行機は全長が35.8メートル、翼幅(翼の先端から先端まで)が29.2メートルで、両翼に最新型のエンジンが1基ずつ取り付けられています。座席の数は78から92座席です。
技術者たちは、新興国を中心に世界各地で需要が増えている近距離飛行用にこのジェット機を設計しました。低燃費のこのジェット機には国内外の航空会社からすでに400機の注文が来ていると、三菱航空機の幹部は話しています。
三菱航空機では今月から機体の強度試験を始めており、(来年)4月にも本格的な試験飛行を行って、2017年4月には最初のジェット機を全日空に引き渡す計画です。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。