英語タイトルの 'KING' KOHEI WINS AGAINは「『王者』航平、優勝再び」です。
体操の内村航平選手が、再び自らの連覇記録を塗り替えました。今回のニュースで「予選」「決勝」「連覇」「1位で終える」「(競技で)争う」など、スポーツ競技大会で使う語彙を増やしましょう。

世界体操選手権 内村選手が5連覇

Japan's Kohei Uchimura accomplished an unprecedented feat at the World Gymnastics Championships in China on Thursday.
He won a fifth straight title in the men's individual all-around category. No other gymnast has ever won more than three.
Uchimura finished first in the qualifying round before competing against 23 other gymnasts in the finals. His performance was steady throughout the competition. He was the only contestant to gain more than 15 points in all six categories.
Uchimura said he focused on avoiding mistakes. He added he was satisfied with a fifth straight title but unhappy with his performance on the parallel bars and horizontal bar.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の内村航平選手が木曜日(10月9日)、中国で行われた体操の世界選手権大会で前人未踏の偉業を成し遂げました。
内村選手は男子個人総合で5連覇を果たしました。内村選手以外に3連覇以上した選手はいません。
内村選手は予選を1位で通過し、決勝で他の23人の選手と競いました。その演技は終始安定していて、出場者の中でただ1人、6種目全てで15点を超える得点を挙げました。
内村選手は失敗しないことに集中したと述べたあと、5連覇には満足しているものの、平行棒と鉄棒の演技には不満が残ったと話していました。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。