英語タイトルのLOWER LANDING FEESは「低めの着陸料」という意味です。
航空会社は飛行場を利用する際、空港に着陸料を支払います。羽田空港には国際線が就航していますが、深夜早朝の時間帯の運航が発着枠の半分にとどまっていることから、この時間帯の着陸料を最大で半額に引き下げることにしました。
本文ではcarrier、landing fee、transport ministry、passenger jetなど、航空や輸送関連の単語が出てきます。日本政府がどのような対応策を打ち出したかを把握しながら学習を進めてみましょう。

羽田空港 着陸料値下げへ

Japanese leaders want to attract more international travelers to boost economic growth. To help make that happen, the transport ministry is making it cheaper for airlines to use Tokyo's Haneda Airport.
Ministry officials will cut landing fees in half for carriers that start new night services to Haneda. The change will take effect in November and will apply to flights arriving between 11 PM and 6 AM.
Airlines now pay about 6,400 dollars to land a Boeing 777 passenger jet at the airport. Under the new plan, they'll pay half that amount the first year, 70 percent in the second and 80 percent in the third.
Haneda began allocating more landing slots to international airlines in March. But landing fees are more than three times those of airports in other Asian cities. Only half of all available nighttime slots are filled.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の指導者たちは経済成長を高めるために、海外からの旅行者をもっと誘致したいと考えています。その実現を促すため、国土交通省は航空会社が東京の羽田空港をより安く使えるようにします。
国土交通省では羽田への夜間便の運航を新たに始める航空会社に対し、着陸料を半額にします。この変更は、夜11時から朝6時の間に着陸する便を対象に11月から実施されます。
ボーイング777型旅客機を羽田空港に着陸させる場合、航空会社は現在およそ6,400ドルを支払っていますが、新しい計画では最初の年(の着陸料)はその半額、2年目は70パーセント、3年目は80パーセントになります。
羽田空港では3月から国際線の発着枠が増えましたが、他のアジアの都市の空港と比べて着陸料は3倍以上です。夜間は利用できる発着枠の半分しか埋まっていません。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。