on displayは「展示されて」という表現で、英語タイトルのEMPEROR HIROHITO'S RECORDS ON DISPLAYは「昭和天皇の記録集を公開」です。昭和天皇はEmperor Showaですが、海外メディアなどではEmperor Hirohitoと表記することもあります。
今回は、宮内庁が、昭和天皇の活動記録を公開したというニュースです。この天皇実録の内容はどのようなものなのでしょうか。また、どのくらいの期間をかけて編さんした記録集なのでしょうか。こうした点に注意しながら学習してみましょう。

“昭和天皇実録” 閲覧始まる (アンコール放送)

Officials with Japan's Imperial Household Agency are releasing a piece of history to the public for the first time. They've put the records of the Emperor who reigned before, during and after World War II, on display. The 12,000-page document details the day-to-day life of the late Emperor Hirohito.
The agency officials have displayed a copy of the records in Tokyo. They spent the past 24 years compiling information. They used more than 3,000 sources, including public documents and diaries of close aides.
The records include verbal interactions from his first meeting with then U.S. President Richard Nixon in 1971. According to the documents, the Emperor thanked Nixon for agreeing to return the islands of Okinawa to the Japanese government. Such remarks had never been made public before. After sovereignty by the United States, Okinawa was returned to Japan in 1972.
The documents also show that even after he became "the symbol of the state" under the post-war Constitution, the Emperor remained keenly interested in diplomacy and national security. He was frequently briefed on such matters by government officials.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本の宮内庁が、歴史の一部を初めて一般に公開しています。宮内庁は第2次世界大戦の戦前、戦中、戦後にかけて在位された天皇の記録集(昭和天皇実録)を公開しました。1,2000ページに及ぶ文書が、故裕仁天皇(昭和天皇)の日々の生活を詳しく記述しています。
宮内庁は記録集のコピーを東京で展示しました。宮内庁は公文書や側近の日記など3,000を超える資料をもとに、24年間かけて情報の編さんを行いました。
この記録集には、昭和天皇が1971年に当時のアメリカのリチャード・ニクソン大統領と初めて会見した時の口頭でのやり取りも含まれています。記録集によりますと、昭和天皇はニクソン大統領に対し、沖縄諸島の日本返還に同意してくれたことに謝意を表されたとのことです。このような発言が公表されたことは、これまで一度もありませんでした。沖縄はアメリカによる統治のあと、1972年に日本に返還されました。
記録集はまた、昭和天皇が戦後の憲法のもとで「国の象徴」となられたあとも、外交と国の安全保障に強い興味を持ち続けられ、政府関係者からたびたび説明を受けておられたことも明らかにしています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。