FAOとはFood and Agriculture Organizationの略で、「国連食糧農業機関」(正式名称は、Food and Agriculture Organization of the United Nations)のことで、英語タイトルのFAO: ONE IN NINE PEOPLE HUNGRYは「国連食糧農業機関(の発表):9人に1人が空腹」、つまり「国連食糧農業機関の発表によれば、世界の人口の9人に1人が十分に食べられないでいる」という意味です。
世界中に栄養不足で苦しんでいる人はどのくらいいるのでしょうか。また、状況が改善されている地域はどこで、食糧支援が阻害されている地域はどこなのでしょうか。こうした点に注意しながら、世界の飢餓人口の現状を英語で学習してみましょう。

このコンテンツの公開は終了しました。

Officials with the UN food agency have looked at how many people around the world are going hungry. They say the numbers are down, but one out of nine people still do not get enough to eat.
The UN Food and Agriculture Organization issued the findings in an annual report. It says more than 800 million people worldwide are chronically undernourished, but the number of those going hungry has fallen by more than 100 million over the last decade. The agency credits improvements in Latin America and other places.
Officials say parts of Africa have lagged because of conflicts and natural disasters. They say in sub-Saharan Africa, more than 25 percent of the population suffers from hunger, and they warn of a threat to food security in some areas. They blame the Ebola outbreak in western Africa and military conflicts in the Middle East.
UN officials are aiming to cut the number of undernourished people in half by next year, compared to 25 years earlier. Officials say that goal is within reach if world leaders do more to battle hunger.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
国連の食糧機関は飢えている人が世界にどのくらいいるかを調査し、その数は減っているものの、なお9人に1人は十分な食糧がとれていないことを明らかにしました。
国連食糧農業機関(FAO)は、年次報告書でその調査結果を公表しました。報告書によりますと、世界では8億人以上が慢性的な栄養不足の状態にありますが、飢えている人の数はこの10年で1億人以上減っています。その理由についてFAOでは、中南米などで状況が改善していることを挙げています。
(一方)アフリカの複数の地域では紛争や自然災害のために改善が遅れており、サハラ以南のアフリカでは人口の25パーセント以上が飢えに苦しみ、地域によっては食料安全保障が脅威にさらされていると警告しています。FAOは、西アフリカでのエボラ出血熱の発生や中東の軍事紛争をその理由として挙げています。
国連では来年までに栄養不足の人々の数を25年前の半分に減らすことを目指しており、世界の指導者たちが飢えをなくすためにもっと努力すれば、それは達成可能だとしています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。