英語タイトルのmarkは「(節目などを)記す、記念する、(式典などを)行う」という意味の動詞で、anniversaryは「記念日」という意味なので、U.S. MARKS 9/11 ANNIVERSARYは「アメリカは9月11日の記念式典を行う」です。
今回は、毎年行われているアメリカ同時多発テロ事件の追悼式典の様子を伝えるニュースです。人々の心に今でも忘れることのない衝撃を与えたこの事件をいま一度振り返り、英語で学習してみましょう。

このコンテンツの公開は終了しました。

Americans considered the threat posed by the militants as they reflected on the worst terrorist attacks in their history. They remembered the victims of September 11th. Many gathered at Ground Zero in New York, where the World Trade Center stood until it was brought down 13 years ago.
People observed a moment of silence at 8:46 AM, the hour a passenger plane hit the North Tower. Relatives of the victims took part in what has become an annual ritual. They recited the names of nearly 3,000 victims.

(Brother of the victim)
"My brother, I miss you. It's been a long 13 years."

Terrorists hijacked four passenger jets on the day of the attacks. They flew two of them into the Twin Towers. They flew another into the Pentagon. The fourth crashed in a field in Pennsylvania.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
アメリカの人々は自分たちの歴史上最悪のテロ攻撃を振り返りつつ、過激派によってもたらされた脅威について考え、9月11日(の同時多発テロ事件)の犠牲者に思いをはせました。13年前に破壊されるまで世界貿易センタービルが建っていたニューヨークのグラウンドゼロには、多くの人々が集まりました。
人々は、1機の旅客機がノースタワーに激突した午前8時46分に黙とうを捧げました。犠牲者の遺族たちは毎年恒例となった儀式に参加し、3,000人近い犠牲者の名を読み上げました。
遺族の1人は「愛する私の兄弟よ、あなたがいなくなって寂しいです。長い13年でした」と語りかけました。
テロリストたちは攻撃を仕掛けた日、4機の旅客機をハイジャックし、そのうち2機をツインタワーに突入させました。(そして)別の旅客機は国防総省へ突入させ、4機目はペンシルベニア州の野原に墜落しました。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。