アーカイブストップ » 著名人レコメンド

「大河ドラマ いだてん」のコメント

2019年3月17日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第11回「百年の孤独」】
母さん…弥彦が…メンタルどん底からのV字回復、見事に黎明の鐘となりましたよ…! 国内無双の冠が、ストツクホルムで砕け散ってなお、「日本人に、短距離は無理です」という現実から逃げなかった結果としての敗北は、なんという美しさ。しかし、その後も幾多の弥彦たちが短距離で世界に挑み続け、ついに96年後、北京オリンピックで銀メダル獲ったのかと思うと目から汗が止まらないです。さあ、来週は四三の番たい!

2019年3月10日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第10回「真夏の夜の夢」】
ヒーローと嘉納先生は遅れてやってくる。弥彦は天狗の鼻をポキリと折られて闇落ちし、重病人ヒョウ・大森監督に長距離走のノウハウがないことがいまさら発覚するなか、孤軍奮闘する四三に立ちはだかる白夜と三叉路のフラグ…円喬師匠の「俺様の垂乳根(たらちね)ドヤァ!」に癒されます。みなさんも西洋人との体格差に絶望したらぜひ寄席へ。さて、国境を越えるカーペンター・シューズの反響を追い風に、物語は来週も面白くなってゆく予感!

2019年3月3日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第9回「さらばシベリア鉄道」】
私も師匠・神田松鯉から「松之丞」という名前をつけていただいたときは、飛び跳ねんばかりに嬉しく、芸人として生きていくのだ! と身の引き締まる思いだったのを、昨日のことのように思い出しました。そして、大先輩であり、本作の落語監修を務めておられる古今亭菊之丞師匠と、キャラ全然違うのに名前かぶってるなあ、と思いました。さて、四三と弥彦が倦怠期カップル化して、物語はさらに面白くなってゆく予感! ヤマモト魂!

2019年2月24日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第8回「敵は幾万」】
重い…この渡航費は重すぎる…兄の、学友たちの、オーダーメイド足袋と日の丸ユニフォ-ムの重すぎる想いを背負い、スヤさんへの断ち切り難い想いを抱えて、いざ、スト…スト…ストリップ? へ出立! の、前に、美川クネ男が安定のウザさを発揮。小梅太夫も熊本さ。三島家がようやくひとつになった傍でホームに取り残された嘉納先生の運命はいかに!? 物語はこれからが面白くなってゆく予感! ぎゃん行ってぎゃん!

2019年2月17日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第7回「おかしな二人」】
Forty threeとヤヒコ・ミシマ。住む世界の違うふたりが嘉納先生の部屋で相撲をとれるのも、スポーツで、オリンピックで結びついているから。それにしてもお金持ちで家柄もよくスポーツもピアノもキャメラも嗜(たしな)み少し天邪鬼だけど憎めないお調子者かつ細やかな気配りもできる母の愛に飢えた生田斗真さんなんて、恋に落ちるなという方が無理じゃないですか? 中村獅童さんが上京して、来週も物語は面白くなってゆく予感! え、乃木さん!?

2019年2月10日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第6回「お江戸日本橋」】
「慶安太平記」という講談に、東京・芝から京都まで約500kmを5日で行く、という描写があります。私は実際に、朝5時頃から昼すぎまで歩いて移動する旅をしてみたのですが、30kmがやっとで、5日目には膝を壊しました。そこで初めて、1日100kmがいかに常人離れしているかを体感しました。松尾スズキさんは正しい。そうそう、本ドラマもうひとりの主役、阿部サダヲさん(圓生派)も登場しましたね。よい知らせは以上です。もうありません。

2019年2月3日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第5回「雨ニモマケズ」】
ついに嘉納先生に抱っこばしてもろうた四三(涙)、円喬に弟子入りした孝蔵(待ってました!)、三冠王・弥彦(それを既読スルーする三島家の闇…)、スヤさん嫁入りするってよ(って、えぇー!?)。思わせぶりすぎるアンチ体育会系の美川(全髪クネ男)とデブにゃんこ。高座で寝てしまった志ん生や「円喬の鰍沢(かじかざわ)」など、演芸界のレジェンドエピソードも惜しみなく盛られながら、ぐっと物語は面白くなってゆく予感! 世界を意識してー?

2019年1月27日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第4回「小便小僧」】
物語が少しずつ、第一話に近づいてきました。今回気になったのは、ただのマッスルバカボンではなさそうな三島天狗こと弥彦のちょっとシリアスな一面。都会で時代の最先端をゆく弥彦と、熊本から出てきたばかりの純朴な四三が、これからどういう風に関わりあいながらオリンピックを目指すのか。そしていかにも職人という佇まいのピエール瀧さん演じる播磨屋さんに、ますます物語は面白くなってゆく予感! あっそ。

2019年1月20日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第3回「冒険世界」】
個人的な話で恐縮ですが、私の曽祖父も四三と同時期に佐賀から東京へ進学しました。同郷の曽祖母が後を追って上京し、ふたりは結婚するのですが。四三が乗った汽車を自転車で追いかけるスヤさんが、曽祖母に重なってまぶしかったです。尊敬する活動写真弁士の坂本頼光先生が、活動写真弁士役で出演されているのもまぶしかったです。さて、四三はマラソンと出会い、いよいよ物語はとつけむにゃあ面白くなってゆく予感!T・N・G!

2019年1月13日
20:45

レコメンダー 神田松之丞さん

大河ドラマ いだてん

【第2回「坊っちゃん」】
東京オリムピック「噺」とあるように、要所要所に出てくる寄席の雰囲気がたまりません。登場人物たちも、まるで落語に出てくるようなキャラクターで。四三も、その家族も、弱さも嘘もあるけれど、精一杯生きている姿はおかしくもあり、たくましくもある。そして、待ってました!中村勘九郎さん。主役のまっすぐなオーラ、コメディーセンス、時折垣間見せる狂気、鍛え上げた肉体。これから物語はどんどん面白くなってゆく予感!スッスッハッハッ!

もっと見る

ページトップへ戻る