ホーム » 番組 » [証言記録 兵士たちの戦争]“ベニヤボート”の特攻兵器 ~震洋特別攻撃隊~

番組

番組一覧へ戻る

番組名 [証言記録 兵士たちの戦争]“ベニヤボート”の特攻兵器 ~震洋特別攻撃隊~
戦地 日本(長崎・川棚) 日本(沖縄・金武) フィリピン(コレヒドール)  放送日 2009年10月31日

「戦争証言アーカイブス」の動画ページ、一部コンテンツには、Adobe Flash Playerを使用しております。快適にお使いいただくためには、最新版のAdobe Flash Playerをインストールしてご利用ください。

Get ADOBE FLASH PLAYER※NHKサイトを離れます

また、推奨環境につきましては、FAQをご覧ください。

チャプター

[1] チャプター1 ベニヤボードの特攻兵器  04:39
[2] チャプター2 もろすぎる特攻兵器  03:03
[3] チャプター3 もろすぎる特攻兵器  03:03
[4] チャプター4 戦局悪化にともない始まった特攻兵器の開発  06:29
[5] チャプター5 戦場にたどり着くことさえできなかった若い搭乗員たち  03:06
[6] チャプター6 スーサイドボートが抱えていた欠陥による大事故  05:04
[7] チャプター7 コレヒドール島でのわずかな戦果と凄惨(せいさん)な地上戦  04:43
[8] チャプター8 沖縄でも出撃できずに死を遂げる若者たち  05:35
[9] チャプター9 敵の動きがつかめず、空振りに終わる決死の特攻出撃  02:57
[10] チャプター10 震洋隊、最後の戦果  03:56
[11] チャプター11 今振り返る、人命を軽視した特攻  03:22

番組内容

太平洋戦争末期、敗色濃厚となった戦局を、一挙にばん回するために開発された秘密兵器、長さ5メートルほどのモーターボート。太平洋を震撼させるという意味で、震洋と名づけられた。
船首に250キロの爆薬を搭載し、敵艦に体当たり攻撃をする特攻兵器である。船体を軽くし、量産を可能にするために、ベニヤ板で造られていた。搭乗員として集められたのは、予科練を卒業したばかりの若者たち。戦闘機乗りを志していた彼らを、ベニヤのモーターボートが待っていたのである。

終戦までに震洋の体当たり攻撃で沈んだ連合軍の艦船は、アメリカ側の資料によれば4隻。その一方、命を失った震洋隊員は、基地隊員も含め、2500人にも上る。爆発事故や空襲などで、多くの若者たちが敵艦に突入することなく命を落としていった。

出撃することもできず死んでいった多くの特攻隊員たち。太平洋戦争末期、モーターボートで行われた水上特攻作戦の真相に迫る。

ページトップ