ホーム » 番組 » [証言記録 兵士たちの戦争]ガダルカナル島 最後の部隊 繰り返された失敗 ~名古屋・歩兵第228連隊~

番組

番組一覧へ戻る

番組名 [証言記録 兵士たちの戦争]ガダルカナル島 最後の部隊 繰り返された失敗 ~名古屋・歩兵第228連隊~
戦地 ガダルカナル島  放送日 2009-09-26

「戦争証言アーカイブス」の動画ページ、一部コンテンツには、Adobe Flash Playerを使用しております。快適にお使いいただくためには、最新版のAdobe Flash Playerをインストールしてご利用ください。

Get ADOBE FLASH PLAYER※NHKサイトを離れます

また、推奨環境につきましては、FAQをご覧ください。

チャプター

[1] チャプター1 ガダルカナル島 最後の部隊 繰り返された失敗  04:29
[2] チャプター2 負け戦知らずの228連隊に下されたガダルカナル島上陸命令  04:30
[3] チャプター3 ガナルカナル島上陸とともにアメリカ軍の脅威を知る228連隊  04:06
[4] チャプター4 質、量ともに、日本軍の軍事力をはるかにしのぐアメリカ軍  04:18
[5] チャプター5 食糧、医薬品が底をつき、大本営の命に死を覚悟する第228連隊  11:18
[6] チャプター6 撤退命令が出た後にも次々と命を落としていく228連隊  08:50
[7] チャプター7 ガダルカナル島からかろうじて生還した228連隊の生き残りが振り返る  05:25

番組内容

南太平洋の島、ガダルカナル島。戦時中、兵士たちの間で飢餓の島“餓島(がとう)”と呼ばれた戦場である。

陸海空、一体となって襲いかかるアメリカ軍が投入したのは、日本軍をはるかに上回る兵力と、圧倒的な破壊力を持つ兵器であった。これに対し、日本軍は次々と部隊を送り込むが、ことごとく敗北していく。その最後に送り込まれたのが歩兵第228連隊であった。

アメリカ軍の物量の前に次々と命を落としていく兵士たち。さらに、ずさんな補給計画がもたらした激しい飢餓が兵士たちを襲う。

大本営が撤退命令を出したのは、戦いが始まって4か月後のことであった。

228連隊の将兵2500人のうち、日本に帰ることができたのはわずか300人。なぜ、撤退命令が出た後も壊滅する部隊が相次いだのか。そして、兵士たちはなぜ餓死しなければならなかったのか。名古屋・歩兵第228連隊が戦ったガダルカナル島の戦いの実像に迫る。

ページトップ