ホーム » 番組 » [証言記録 兵士たちの戦争]沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場 ~山形県・歩兵第32連隊~

番組

番組一覧へ戻る

番組名 [証言記録 兵士たちの戦争]沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場 ~山形県・歩兵第32連隊~
戦地 日本(沖縄)  放送日 2008年4月30日

「戦争証言アーカイブス」の動画ページ、一部コンテンツには、Adobe Flash Playerを使用しております。快適にお使いいただくためには、最新版のAdobe Flash Playerをインストールしてご利用ください。

Get ADOBE FLASH PLAYER※NHKサイトを離れます

また、推奨環境につきましては、FAQをご覧ください。

チャプター

[1] チャプター1 住民を盾にし繰り広げられた凄惨な戦い  03:56
[2] チャプター2 武器・弾薬がないまま始まった沖縄戦  03:28
[3] チャプター3 陸の特攻“斬り込み攻撃”で近代兵器に対抗  06:39
[4] チャプター4 本土防衛を目的に戦いを強いられた32連隊  04:40
[5] チャプター5 喜屋武半島へと南下し、長期戦へ突入  08:01
[6] チャプター6 戦禍で起こった、兵隊と民間人とのあつれき  06:18
[7] チャプター7 沖縄守備軍が崩壊。統制を失った32連隊  05:03
[8] チャプター8 敗戦を迎え、5か月に及ぶ持久戦を終結  04:50

番組内容

太平洋戦争で、国内 最大規模の地上戦の舞台となった沖縄本島では、住民を巻き込んだせい惨な戦いが繰り広げられた。

日本の敗色が濃厚となっていた昭和20年3月、米軍は54万の兵力と最新鋭の兵器を投入し、沖縄への上陸作戦を開始する。

沖縄戦の最前線で戦った陸軍歩兵第32連隊。山形県、北海道、沖縄県の出身者で編成され、およそ3000人が投入された。5か月にわたる過酷な戦いの中で、将兵の9割が戦死する。

敗北が決定的となった後も、日本軍は戦いを続け、さらなる悲劇を生む。無謀な戦闘の継続が多くの住民の命を奪うことになったのだ。第32連隊の元兵士たちの証言から住民を巻き込んで繰り広げられた沖縄戦の実態を描く。

ページトップ