ピンクと呪文
2011年02月-03月
その歌唱力で日本を代表する歌手のひとり・岩崎宏美の夢が、みんなのうたで花開きました。「初めて出会った洋楽がジャクソン・ファイブの『ABC』です」という、モータウンサウンド大好きな彼女。「女の子3人でシュープリームスやスリー・ディグリーズみたいな」という、まさにその願いどおりな歌の誕生です。歌詞は、少女が困ったときに、大好きなピンクのスプーンをかかげて(ママと少女だけの)秘密の呪文を唱えると・・・という内容です。そして、このソウルフルな歌を提供したのはバブルガムブラザーズのブラザーコーン。実力派歌手・3人が息の合ったノリノリの歌声を聞かせます。味わい深い玉村敬子の映像が、彩を添えます。
  • この曲の関連グッズを探す