NHK 囲碁と将棋

TOP > 囲碁フォーカス

囲碁フォーカス 放送:毎週日曜日 午後0:00から0:30 Eテレ

講師:小松英樹 九段、司会:戸島花

愛知県出身。安永一氏に師事。院生師範を10年務め、多くの棋士を育てる。平成26年通算800勝達成。初段になるための秘けつを半年間で余すことなく伝えます。

埼玉県出身。女性アイドルグループの一員としてデビュー後、現在は舞台や映画で活躍中。「囲碁ドル」の異名をもつほど囲碁は大好き。

「チャレンジ!張 栩の詰碁」

さあ、みなさん碁盤を用意しましょう!
トップ棋士、張栩九段こだわりのオリジナル詰碁です。
出題は、詰碁棋力初段以上を対象にした難問。みなさんは素早く解けるかな!?
解けた時間を目安に詰碁棋力を測ってみましょう!
(詰碁コーナーは、「囲碁フォーカス」内で隔週でご紹介する予定です。)

詰碁ページへ

囲碁フォーカス 放送内容

2015年度
6月
初段の常識 熱血親分 小松英樹
盤上の価値マスター
(3)形で覚えろ!守りの戦術
囲碁講座テキスト テキスト「囲碁講座」は、
毎月16日発行。
詳しくはNHK出版へ。
(クリックするとNHKサイトを離れます。)
7日(日) 講座 多様なツギ方を学べ
特集
photo

「新初段 "竜・虎" 登場!」
日本棋院の平成27年度新入段棋士は6人いるが、
その中に将来の日本囲碁界を背負って立つと
有望視される注目のルーキーが2人いる。
大西竜平初段(15)。緑星学園に通った後、
小学5年生で韓国に囲碁留学。
2年間に渡り日韓を行き来しながら腕を磨いた。
そしてもう一人が、芝野虎丸初段(15)。
洪道場で学び、2013年に行われた
「第30回ワールド囲碁選手権」の青年の部で
準優勝。その翌年には院生総合成績1位となり
入段を果たす。
二人の素顔に迫る。

14日(日) 講座 捨てることを考えるサバキ
特集
photo

「若手棋士の戦い 第2回 世界囲碁U-20」
昨年第1回大会が行われた、日本開催の世界戦
「世界囲碁U-20」。20歳未満(1月1日現在)の
棋士による世界一決定戦だ。
7つの国と地域から16人の代表選手が出場する。
優勝候補の筆頭は前回大会で優勝した
日本代表の一力遼七段(17)。
日本代表選手の戦いぶりを中心に、
優勝のゆくえを解説を交えて紹介する。

21日(日) 講座 きれいに逃げる脱出技
特集
photo

「シリーズ棋士に聞く 藤沢里菜 女流本因坊」
2014年、女流囲碁トーナメントを制し、さらに
向井千瑛から女流本因坊を奪取した藤沢里菜。
現在もっとも勢いのある女流棋士として
囲碁界を大いに沸かせている。
11歳6か月という女流棋士最年少入段を果たした
彼女は現在16歳。囲碁界の期待を背負う
彼女はいまなにを考えているのか。
囲碁を始めたきっかけから未来の展望までを聞く。

28日(日) 講座 二間ビラキの防御法
特集

「公開復興サポート 明日へin宮古」
岩手県立大学宮古短期大学部で被災地のみなさんを
招いての公開収録。講座の他、武宮正樹九段、
万波奈穂三段、盛岡出身の外柳是聞初段を
ゲストに、復興への思い、また若手とベテラン
棋士の碁に対する意識の違いなど、日頃聞けない
棋士のホンネトークを楽しんでいただく。
また観客参加の連碁で盛り上がる様子も伝える。