NHK 囲碁と将棋

TOP > 囲碁フォーカス

囲碁フォーカス 放送:毎週日曜日 午後0:00から0:30 Eテレ

講師:三村智保 九段、司会:戸島花

福岡県出身。九段。田岡敬一氏に師事。藤沢秀行名誉棋聖門下。子ども向けの囲碁教室を主宰する。知っているのと知らないのとでは大違いの、正しい「石の形」をやさしくお伝えします。

埼玉県出身。中学生のころから囲碁を始める。真の初段、そしてその上を目指す。アイドルグループを卒業して、舞台などのほか、日本棋院囲碁大使としても活躍中。

「林漢傑の詰碁ワールド」

みなさんは素早く解けますか!?
実戦に役立つ、林漢傑七段のオリジナル詰碁です。
問題は実戦によく出てきそうなシンプルな形でありながら、工夫した筋を要する良問。
初級・中級・上級編とレベルにあわせた出題があり、日々の上達に役立つ詰碁です。
(詰碁コーナーは、「囲碁フォーカス」内で隔週でご紹介する予定です。)

詰碁ページへ

囲碁フォーカス 放送内容

2016年度
12月
磨け初段の力 三村智保 楽に勝てる石の形
知っておくべき良い形
囲碁講座テキスト テキスト「囲碁講座」は、
毎月16日発行。
詳しくはNHK出版へ。
(クリックするとNHKサイトを離れます。)
4日(日) 講座 カケツギにも向きがある
特集
photo

「名棋士を振り返る~加藤正夫名誉王座」
2004年12月30日、囲碁界の宝がこの世を去った。
加藤正夫名誉王座 (享年57)。
若い時は、その剛腕な棋風で相手の大石を
仕留めてしまうことから「殺し屋」とも呼ばれていた。
しかし、盤外では面倒見がよく、温厚な人柄だった
と親しい棋士は語る。盤上と盤外で違う顔を見せる、
その人物像とは?
タイトルを懸けて戦っていたライバル、
師事を仰いだ弟子達に
知られざるエピソードを語ってもらうと共に
加藤の名局を解説してもらう。

11日(日) 講座 攻防を見極めたツギ方
特集
photo

「団結力が勝利のカギ!G1チャンピオンシップ」
11月12日、日本棋院中部総本部でプロ5人と
アマチュア2人がチームを組んで戦う団体戦
「G1チャンピオンシップ」が開催される。
出場するのは4チーム。昨年は中部総本部の
チームだけで行われていたが今年は規模を拡大!
関東、関西のチームも加わりさらに白熱した
戦いを繰り広げる。観戦者はすべての対局を
間近に見ることができるのもこの大会の特徴。
果たして、優勝するのはどのチームなのか?
プロとアマチュアが一体となって楽しむ
イベントの模様をお届けする。

18日(日) 講座 愚形を避ける要点
特集

「公開復興サポート 明日へin陸前高田」
震災からの復興に向けて元気や笑顔をお届けする
「NHK公開復興サポート明日へ」。
岩手県陸前高田市コミュニティホールでの
公開収録の模様を放送する。(11月23日収録)。
ゲストは武宮正樹九段、宮崎龍太郎七段、
万波奈穂三段。講座、棋士トークのほか、
プロをキャプテンに、会場参加者を2チームに
分けて行う連碁を楽しむ様子を伝える。

25日(日) 講座 隅から辺への進み方
特集
photo

「シリーズ一手を語る 武宮正樹九段」
武宮正樹九段(65歳)。本因坊4連覇や
国際戦優勝など、総タイトル獲得数は24。
棋風は隅の地にこだわらない、
盤上全体を使った独創的な打ち方で
「宇宙流」とも呼ばれ、国際的にも高い評価を集め、
多くの囲碁ファンが魅了されてきた。
そんな武宮九段の数ある対局の中でも
「自慢の一手」を解説していただくと共に、
宇宙流の原点についても語っていただく。