NHK 囲碁と将棋

TOP > 囲碁フォーカス

囲碁フォーカス 放送:毎週日曜日 午後0:00から0:30 Eテレ

講師:マイケルレドモンド 九段、司会:ダイアナガーネット

アメリカ カリフォルニア州出身。1981年入段。2000年九段。2018年通算600勝達成。わかりやすい解説は、日本だけでなく海外でも人気。今回の講座では、戦いの手筋を指導します

アメリカワシントンD.C.出身。日本文化にあこがれ、高校時代には日本にホームステイし囲碁部に所属。再来日後の2013年、外国人によるカラオケ番組で見事優勝し、歌手デビュー。今は歌と囲碁に夢中な囲碁ガール。

囲碁川柳・なぞかけ&創作四字熟語

みなさんの日頃の楽しい囲碁ライフを囲碁川柳・なぞかけ&創作四字熟語にして送ってください!
落語家・春風亭華柳さんが優秀作品を選び、番組内でご紹介します。
(隔週でお伝えします)
投稿はこちらのメールフォームからお願いいたします。

囲碁川柳・なぞかけ&創作四字熟語ページへ

囲碁フォーカス 放送内容

2018年度
3月
初段へのスタート マイケルレドモンド
ワンランクアップ! 戦いの手筋
打ち込みのススメ
囲碁講座テキスト テキスト「囲碁講座」は、
毎月16日発行。
詳しくはNHK出版へ。
(クリックするとNHKサイトを離れます。)
3日(日) 講座 三々入りからの手順
特集
photo

「棋士のオフショット」
囲碁ファンが普段見る棋士の姿は、
対局やイベントなど限られることが多い。
しかし、棋士達も決して囲碁だけの生活を
送っている訳ではない。
武宮正樹九段や謝衣旻六段のダンス、
張栩名人のボルダリングは有名だが、
他にも津軽三味線、ドラム、マジックなど、
様々な趣味にハマっている棋士も多い。
私たちが普段見ないそんな棋士の一面を紹介する。

10日(日)

午後3:00~
3:30
講座 模様の急所をつく
特集
photo

「シリーズ一手を語る 金秀俊九段」
1979年生まれの 40歳。韓国出身。
中学生の頃、プロを目指し来日。
趙治勲の元で内弟子生活を始める。
入段後は、数々の若手棋戦で優秀な成績をあげ、
2005年の新人王戦では、井山裕太に勝利し
新人王を獲得した。
そして昨年、念願の九段に昇段。
これまでの棋士人生を振り返り、
金はどんな一手を語るのか?
自戦解説と共に当時の思い出を語る。

17日(日) 講座 根拠を脅かす攻め
特集
photo

「囲碁界2018年度を振り返る」
8月、井山七冠の一角がくずれ、
さらに張栩が名人を10期ぶりに奪取。
12月、女流では謝依旻が藤沢里菜に
女流本因坊のタイトル奪われ、11年ぶりに無冠に。
激動の2018年度の囲碁界を振り返り
4月以降の囲碁界を占う。

24日(日)

午後1:05~
1:30
講座 ダイアナの卒業試験
特集
photo

「囲碁川柳・なぞかけ&四字熟語 年間大賞」
1年間で視聴者からの
応募総数1800作品以上の中から、
囲碁川柳・囲碁なぞかけ・創作四字熟語の
年間大賞を発表!
選句者である落語家の春風亭華柳さんに
選んだ理由や良かった点などを尋ねながら、
作品の総評をもらう。