NHK 囲碁と将棋

TOP > 囲碁フォーカス

囲碁フォーカス 放送:毎週日曜日 午後0:00から0:30 Eテレ

講師:蘇耀国 九段、司会:戸島花

中国出身。九段。第60期から64期まで本因坊リーグ入り。ナショナルチームコーチやジュニア囲碁スクール講師を務める。自然に大事な手が打てるようになる考え方をお教えします!

埼玉県出身。中学生のころから囲碁を始める。真の初段、そしてその上を目指す。アイドルグループを卒業して、舞台などのほか、日本棋院囲碁大使としても活躍中。

「林漢傑の詰碁ワールド」

みなさんは素早く解けますか!?
実戦に役立つ、林漢傑七段のオリジナル詰碁です。
問題は実戦によく出てきそうなシンプルな形でありながら、工夫した筋を要する良問。
初級・中級・上級編とレベルにあわせた出題があり、日々の上達に役立つ詰碁です。
(詰碁コーナーは、「囲碁フォーカス」内で隔週でご紹介する予定です。)

詰碁ページへ

囲碁フォーカス 放送内容

2016年度
6月
磨け初段の力 蘇耀国 楽に打てる石の感覚
基点にする石と方向
囲碁講座テキスト テキスト「囲碁講座」は、
毎月16日発行。
詳しくはNHK出版へ。
(クリックするとNHKサイトを離れます。)
5日(日) 講座 根拠に迫るのが最優先
特集
photo

「囲碁界史上初 井山七冠への軌跡 後編」
4月20日、第54期十段戦五番勝負を制し、
囲碁界史上初の七冠を達成した井山裕太棋聖(26)。
2週にわたって、井山七冠の軌跡をたどる。
後編は今年1月、十段戦挑戦権獲得、
続く棋聖戦防衛、
そして3月に始まった十段戦まで。
決定局となった第4局は自戦解説していただく。
七冠を達成した気持ちは?
今後の目標についても伺う。

12日(日) 講座 重くならないように打つ
特集
photo

「囲碁界のホープたちが激突!
第3回世界囲碁U-20 前編」
今年で3回目を迎える日本主催の世界戦
「世界囲碁U-20」。
20歳未満の棋士による世界一決定戦だ。
第1回大会では日本勢同士の決勝が行われ、
一力遼が優勝。
しかし、第2回大会では中国、韓国勢に
1勝もできなかった。
今年は入段二年目ながら、勝率第一位賞獲得と
目覚ましい活躍を見せる
芝野虎丸二段(16)をはじめ、
大西竜平初段(16)、六浦雄太二段(16)が初出場。
大会前半、グループリーグの模様をお届けする。

19日(日) 講座 助けるだけが得じゃない
特集

「囲碁界のホープたちが激突!
第3回世界囲碁U-20 後編」
3日間に渡って行われる「世界囲碁U-20」。
優勝を目指す日本の前に立ちはだかるのは、
やはり、中国、韓国。
後編では、ベスト8による
決勝トーナメントの模様を中心に、
世界の若手棋士がぶつかりあう熱戦を
盤面解説を含め、紹介する。
日本の将来を担う若手棋士たちは、
強敵、中国、韓国にどこまで対抗できるのか?

26日(日) 講座 模様の大きさを意識する
特集

「シリーズ一手を語る 片岡聡九段」
片岡聡九段、57歳。
天元位二期獲得経験を持つ。
片岡にとって忘れられない一手。
それは、1979年、第5期天元戦・本戦準決勝。
大平修三九段との一局にあった。
片岡21歳のとき。
その一手を「善悪を越えた一手」と語る。
その意味とは?