NHK 囲碁と将棋

TOP > 囲碁フォーカス

囲碁フォーカス 放送:毎週日曜日 午後0:00から0:30 Eテレ

講師:泉谷英雄 八段、司会:ダイアナガーネット

東京都出身。1985年入段。2000年八段。父は泉谷政憲七段。今回の講座では、「接近戦」に強くなるコツをユーモアたっぷりに、わかりやすく指導します。

アメリカワシントンD.C.出身。日本文化にあこがれ、高校時代には日本にホームステイし囲碁部に所属。再来日後の2013年、外国人によるカラオケ番組で見事優勝し、歌手デビュー。今は歌と囲碁に夢中な囲碁ガール。

囲碁川柳・なぞかけ&創作四字熟語

みなさんの日頃の楽しい囲碁ライフを囲碁川柳・なぞかけ&創作四字熟語にして送ってください!
落語家・春風亭華柳さんが優秀作品を選び、番組内でご紹介します。
(隔週でお伝えします)
投稿はこちらのメールフォームからお願いいたします。

囲碁川柳・なぞかけ&創作四字熟語ページへ

囲碁フォーカス 放送内容

2018年度
7月
初段へのスタート 泉谷英雄
もう接近戦は怖くない!
辺の戦いに勝つ四つの武器
囲碁講座テキスト テキスト「囲碁講座」は、
毎月16日発行。
詳しくはNHK出版へ。
(クリックするとNHKサイトを離れます。)
1日(日) ※「テレビ囲碁アジア選手権~韓国大会~」のため放送休止

8日(日) 講座 緩まずツメで圧迫する
特集
photo

「囲碁界の礎を築いた棋士~初代本因坊算砂」
本因坊算砂(1529~1609)は、
もとは京都にある寂光寺の僧で、法名は「日海」。
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などに囲碁の
指南役として仕えた第一世本因坊だ。
算砂の碁を見た信長は
「そちはまことの名人なり」と称賛。
これが名人の始まりと言われている。
また、御城碁のきっかけや棋譜を残す習慣など、
今の囲碁界の基礎を作り上げてきた。
算砂の功績と人物像に迫る。

15日(日) 講座 侵入を許さないオサエ
特集
photo

「車椅子の女流棋士誕生」
加藤千笑初段は16歳。
岐阜市在住で、羽根直樹九段門下。
日本棋院関西総本部女流棋士採用試験で
11戦全勝を果たし合格した。
加藤は生まれつき骨が弱い難病のため
自力では歩くことができない。
父が勧めた囲碁に出会い上達、小学校6年生の時、
少年少女囲碁大会全国大会で優勝した。
持ち前の諦めない精神力と努力で、
ハンディを乗り越えてプロとなった
彼女の思いを伝える。

22日(日) 講座 出切りで御免!一刀両断
特集
photo

「シリーズ一手を語る 淡路修三九段」
淡路修三九段(68歳)は、これまで、名人、本因坊、
碁聖、天元戦でタイトル挑戦の経験を持つ。
接近戦を得意とする豪快な棋風は
“ロッキー”の異名でも知られる。
盤上で数々のハードパンチを繰り出し
強敵を打ち倒してきた淡路の思い出の一手を
語っていただく。

29日(日) 講座 ツケコシでケイマを破れ
特集
photo

「初心者でも楽しめる!アイデア碁盤」
囲碁は大人でも奥が深くて難しい
と言う声を耳にする。そんな中、難しいコウをなくし
入門者向けに開発した『ハチの巣碁盤』。
木のぬくもりを感じながら遊べる木組みの盤石など、
初心者向けの様々なアイデア溢れる碁盤が開発され、
人気を博している。
森のおもちゃ美術館では囲碁ブースが設けられ
実際に子どもたちが楽しんでいる。
こうした面白さを追求した
楽しい碁盤の世界を紹介する。