NHK 囲碁と将棋

TOP > 囲碁フォーカス

囲碁フォーカス 放送:毎週日曜日 午後0:00から0:30 Eテレ

講師:三村智保 九段、司会:戸島花

福岡県出身。九段。田岡敬一氏に師事。藤沢秀行名誉棋聖門下。子ども向けの囲碁教室を主宰する。知っているのと知らないのとでは大違いの、正しい「石の形」をやさしくお伝えします。

埼玉県出身。中学生のころから囲碁を始める。真の初段、そしてその上を目指す。アイドルグループを卒業して、舞台などのほか、日本棋院囲碁大使としても活躍中。

「林漢傑の詰碁ワールド」

みなさんは素早く解けますか!?
実戦に役立つ、林漢傑七段のオリジナル詰碁です。
問題は実戦によく出てきそうなシンプルな形でありながら、工夫した筋を要する良問。
初級・中級・上級編とレベルにあわせた出題があり、日々の上達に役立つ詰碁です。
(詰碁コーナーは、「囲碁フォーカス」内で隔週でご紹介する予定です。)

詰碁ページへ

囲碁フォーカス 放送内容

2016年度
1月
磨け初段の力 三村智保 楽に勝てる石の形
戦いに生かす形の知識
囲碁講座テキスト テキスト「囲碁講座」は、
毎月16日発行。
詳しくはNHK出版へ。
(クリックするとNHKサイトを離れます。)
1日(日) 放送休止

8日(日) 講座 迷うな!”二目の頭”
特集
photo

「新春 こだわりの干支詰碁」
毎年、日本棋院のHPに公開されている新春
文字詰碁。「子」「牛」「虎」など干支の漢字を
もとに詰碁にしたもの。制作者は長年数々の文字
詰碁を手掛けてきた平本弥星六段(64歳)。
見事なのは字形の石に詰碁として無駄な石が一つも
ないこと。近年では見た目の完成度、美しさを
高めるため、作品のハードルを上げているという。
いったいどんなこだわりがつまっているのか?
その制作現場を取材する。

15日(日) 講座 上手に避ける”アキ三角”
特集
photo

「伝統の一戦~第55回オール囲碁早慶戦」
早慶戦と言えば野球が有名だが、
囲碁の早慶戦も歴史は長い。
今回で55回目を迎えるこの大会は、早稲田大学、
慶応大学の現役学生の他、OB、OGも含め
およそ200名が集まり争われる。
なかには全大会、参加している人もいるという。
囲碁を通じて深める両校の絆を伝える。

22日(日) 講座 筋のよい”アタリ”
特集
photo

「力を合わせて勝利をつかめ!
第27回 国際アマチュア・ペア碁選手権大会」
年に1回、ペア碁アマチュア世界一を競う
「国際アマチュア・ペア碁選手権大会」。
今回は、21の国と地域から32ペア64人が参加して
ペア碁世界一が争われる。
日本からの出場は8つの地域の地方予選を
勝ち抜いた12ペア。四国代表の年の差69歳ペアなど
日本代表ペアの戦いぶりを紹介しつつ、
「勝てば喜び2倍、負けてもくやしさ半分」
というペア碁の魅力を紹介する。

29日(日) 講座 一路の違い”裂かれ形”
特集
photo

「シリーズ一手を語る 小川誠子六段」
小川誠子六段は昭和41年故木谷實九段の
内弟子になり、4年後に入段。女流選手権戦や
女流本因坊戦などでタイトルを獲得した。
対局以外にもNHK杯の聞き手は昭和59年から
10年間担当し、現在は、日本棋院の
理事も務め、囲碁普及の面でも尽力している。
そんな小川の対局者としての心構えや
心境を語っていただくとともに、
忘れられない思い出の一手を
解説していただく。