今週1週間は、アメリカのABCニュースを取り上げます。キャスターはごく普通の日常会話で語るので、ときに文法的な規範から外れることもありますが、あまり気にすることなく、解説を参考に生き生きとした英語に触れてください。
英語タイトルのHOW DO YOU SPELL W-I-N-N-E-R?は「WINNERはどのように綴りますか?」です。アメリカで6歳の少女が全米スペリング大会に出場しました。さて、その結果はどうだったのでしょうか。今回のニュースで、出場者と一緒に英単語の綴りを考えながら、使える英語表現を学びましょう。

6歳の少女 スペリング全国大会へ

Kendis Gibson:
Here, Thursday morning Pulse starting with the National Spelling Bee. Nearly 300 competitors took their turns in the preliminary rounds.

Diane Macedo:
And the field is now down to 40. Six-year-old Edith Fuller stepped to the microphone as the youngest ever participant. Her first word — nyctinasty, nyctinasty. Can you spell it?

Kendis Gibson:
Ah ... N-I-X ...

(Edith Fuller)
"Nyctinasty, N-Y-C-T-I-N-A-S-T-Y, nyctinasty."

(Judge)
"Correct."

Diane Macedo:
So, not quite, Kendis. Edith spelled that and her second word correctly, but her scores on preliminary written tests weren't high enough to keep her in the competition.

Kendis Gibson:
But just to show that she really is a six-year-old kindergartner, after she found that she didn't make it to the next round, she ran to her father and burst into tears.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
ケンディス・ギブソン:
さあ、木曜の朝の「パルス」は、全米スペリング大会のニュースから始めましょう。予選にはおよそ300人が出場して、代わる代わる問題に挑戦しました。

ダイアン・マケド:
そして現在、40人にまで絞られています。史上最年少で6歳のイーディス・フラーちゃんが、マイクの前に立ちました。最初の単語はnyctinasty、nyctinastyです。(ケンディスに向かって)あなた、綴りを言える?

ケンディス:
えーと、N-I-X・・・

(スペリング大会の様子)
イーディス・フラー 「nyctinastyは、N-Y-C-T-I-N-A-S-T-Yと綴って、nyctinastyです」
審査員 「正解です」

ダイアン:
ケンディスはイマイチだったわね。イーディスちゃんは、この単語に続いて、その次の単語の綴りも正確に答えましたが、予選の筆記試験での点数が足りなかったため、決勝には残れませんでした。

ケンディス:
でもやっぱり6歳の幼稚園児なんですね。イーディスちゃんは、次のラウンドに進めないと分かると、お父さんの所に駆け寄ってわーっと泣き出しちゃったんです。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。