英語タイトルのNEW EEL DEALは「新しいウナギの取り引き」です。eelとdealは韻を踏んでいて、リズミカルなタイトルになっています。
7月25日の「土用のうしの日」に向けて、大手スーパーでは、価格の高いウナギの代わりとして海外産のナマズのかば焼きも販売するなど、消費者の節約志向に応えようとしています。
このニュースを学んで、日本の食や伝統の変化を話題にしてみましょう。

土用のうしの日に海外産ナマズ

Many Japanese follow a tradition of eating grilled eel to beat the summer heat. But with the price of eel rising in recent years, a major supermarket chain is offering a cheaper alternative ― grilled catfish.
Retail giant Aeon unveiled the new product. The company is selling catfish raised in Vietnam for the first time. Company officials say they are using a variety of catfish called pangasius, which is known for its fleshy white meat and being suitable for grilling.
A hundred and sixty grams of the fish costs about six dollars, around one third the price of domestically farmed eel sold at the same chain.
Aeon is also selling grilled pork glazed in kabayaki, the sauce that people associate with eel and the summer season. The aim is to meet the demands of thrifty consumers.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本人の多くは、夏の暑さに打ち勝つためにウナギのかば焼きを食べるという伝統を守っています。しかし、近年はウナギの価格が高騰していることから、大手スーパーでは、ウナギの代わりとして価格の安い代替品を提供しています。ナマズのかば焼きです。
小売業大手の「イオン」が新商品を発表しました。イオンでは、ベトナムで養殖されたナマズを初めて販売します。イオンでは肉厚の白身がかば焼きに合うことで知られるパンガシウスという種類のナマズを使うということです。値段は160グラムおよそ6ドル(645円)で、イオンが販売する国産の養殖ウナギのかば焼きの3分の1程度だということです。
イオンでは、豚肉のかば焼きも販売しています。かば焼きのたれはウナギと夏の季節を思い起こさせるもので、(ウナギの代わりとして)節約したい消費者の需要に応える狙いがあります。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。