prodigyは「非凡な才能を持つ若者」、set a recordは「記録を打ち立てる」ですので、英語タイトルのSHOGI PRODIGY SETS RECORDは「将棋の神童、記録を樹立」です。
中学生プロ棋士の藤井聡太四段が最多連勝記録を30年ぶりに更新し、プロ1年目にして歴代単独1位となりました。藤井四段は7月2日の対局に敗れ、30連勝はなりませんでしたが、今後もタイトル獲得の最年少記録などを更新する可能性があり、引き続き活躍が期待されます。
今回のニュースでは「連勝」「連続~回」と言いたいときに使える英語表現がいくつか出てきます。それらを中心に学習しましょう。

将棋の藤井四段 連勝記録を更新

Japanese teenage prodigy Souta Fujii has achieved the longest-ever winning streak in the traditional board game of shogi.
The 14-year-old Fujii battled Yasuhiro Masuda on Monday in a tournament to decide the challenger for the prestigious Ryuo Championship. The 19-year-old Masuda turned pro three years ago, and is the only teenager besides Fujii in the professional ranks. They are both low-ranking players of the complex game of strategy.
With his latest victory, Fujii has won 29 official matches in a row since his professional debut. He has notched a new record before even finishing junior high school.

(Souta Fujii / Professional shogi player)
"I'm very happy and surprised that I've won 29 straight times. I know my winning streak will end sometime. I'll try not to think about the record, so I can do my best in each match."
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
日本人の10代の天才、藤井聡太さんが、盤上で行う将棋という伝統のゲームで、連勝記録を樹立しました。
14歳の藤井四段は月曜日(6月26日)、権威ある竜王戦の挑戦者を決めるトーナメントで増田康宏さんと対局しました。3年前にプロ入りした増田四段は19歳で、藤井四段を除いてただ1人の10代のプロ棋士です。2人とも、この複雑な戦略ゲーム(将棋)の下位の競技者です。
今回の勝利によって、藤井四段はプロデビュー(初戦)から公式戦で29連勝したことになり、中学校を卒業する前に早くも新記録を達成しました。
藤井四段は、「29連勝したことは非常に嬉しいし、驚いています。連勝記録というのはいつか終わるものですので、記録のことは意識せず、一局一局、全力を尽くしていきたいです」と話していました。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。