英語タイトルのPROJECT BEGINS TO REPLANT FORESTは「松林を植え直す事業」です。 replantは「再び植える、植え直す」で、forest「森林、森、林」はここでは松林を指しています。
東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた、岩手県陸前高田市の国の名勝「高田松原」を復活させようと、市民などが松の苗木を植える植樹会が行われました。
復興への取り組みについて、会話で取り上げてみましょう。

“高田松原”復活へ 市民が植樹

People in a city in northeastern Japan that's recovering from the 2011 tsunami have begun restoring one of the city's best known landmarks ― its pine forest.
The Takatamatsubara pine forest in Rikuzentakata City was known as one of Japan's beauty spots. The forest consisted of about 70,000 pine trees stretching along the coast. But the tsunami swept away all but one tree which later became known as the "Miracle Pine Tree."
On Saturday, about 400 people gathered to begin replanting the pine trees for the first time since the disaster. The volunteers carefully set more than 1,200 saplings into the ground, including two that were sprouted from pine cones collected in the forest before the disaster.
Over the next three years, Iwate Prefecture plans to plant some 40,000 more trees along two kilometers of coastline to replace the destroyed forest.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
2011年に起きた津波の被害からの復興が続いている日本の東北地方の市民たちが、その市で最もよく知られた名所の1つである松林の復活に取り組んでいます。
日本の景勝地の1つとして知られた陸前高田市の高田松原の海沿いには、およそ7万本の松が植わっていましたが、のちに「奇跡の一本松」として知られる1本を残し、津波が全て流してしまいました。
土曜日(5月27日)には、東日本大震災のあと初めて、およそ400人の人たちが松の木を植え直すために集まりました。ボランティアの人々は、1,200本以上の苗木を丁寧に土に植えました。その中には、震災前の高田松原で取れた松ぼっくりの種から芽を出した2本の苗木も含まれていました。
岩手県は、今後3年間をかけて2キロの海岸線に沿っておよそ4万本の松を植え、壊滅した松林を復活させる計画です。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。