タイトルは「第4世代携帯電話向け電波のオークション」です。携帯用電波の割り当てが、競売方式になるということです。
一般人にはあまり関係のない話題のように思われるかもしれませんが、ビジネス全般で、あるいは日常生活でもよく使う語彙・表現がいくつも出てきます。

このコンテンツの公開は終了しました。

Japan plans to auction bandwidth for high-speed 4th generation mobile phones. The move comes amid increased popularity of smart devices.
Until now, the Ministry of Internal Affairs and Communications has selected carriers and provided free bandwidth after screening the carriers' business plans. But with demand increasing, the ministry plans to make the procedure transparent by cutting government regulation.
The ministry believes it will earn billions of dollars in income from the auction, after observing similar bidding systems abroad. That would provide much-needed revenue for the state.
Fourth generation phones are expected to be put into practical use in 2015.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
スマートフォンの人気が高まる中、日本は高速通信ができる第4世代の携帯電話用の電波割り当てに、オークション制度を導入することになりました。
これまでは総務省が通信事業者の事業計画を審査した上で事業者を選定し、無料で電波(の周波数)を割り当てていました。しかし、需要が高まってきたことから、総務省は政府による裁量を減らして、手続きの透明性を確保することになったものです。
総務省では、海外で行われている類似の事例から見て、オークションによる収入は数十億ドルに上ると見ており、国が切望している財源になると期待しています。
第4世代(携帯)電話は、2015年に実用化が見込まれています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。