APOLLO EVIDENCE ON MOONは「アポロ(計画で人類が月へ行った)月面での証拠(が公開された)」。証拠とは、月面での跡が写った画像です。アメリカの月探査機が、月に着陸した「アポロ17号」などの着陸地点を高度およそ20キロから撮影し、宇宙飛行士が歩いた跡や、月面に残された月着陸船(lunar lander)の台座などが鮮明な画像で捉えられました。
月面到達からおよそ40年も経ちますが、アメリカではいまだに月面探査はでっち上げで、一連の映像などは映画スタジオで作成されたものではないかと疑う説があります。必要な語彙を覚えて、宇宙開発の議論に参加してみてください。

このコンテンツの公開は終了しました。

High-resolution photos of the Moon's surface taken by a U.S. lunar probe show footprints and other marks left by Apollo astronauts about 40 years ago.
The photos, released on Tuesday, were taken by NASA's Lunar Reconnaissance Orbiter last month. They show the landing sites of Apollo 12, 14 and 17. The crafts were launched between 1969 and 1972.
Images of the Apollo 17 landing site show the astronauts' footprints, tracks left by a moon buggy, and the abandoned undercarriages of lunar landers.
NASA says the track marks have remained intact because the Moon has no atmosphere or wind on its surface.
Skeptics say the Apollo missions were a hoax, and that the astronauts' activities were filmed in a movie studio, but NASA says the images should remind the American people of the glory of the Apollo Program.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
アメリカの月探査機が撮影した解像度の高い月面写真が、40年前のアポロ計画の宇宙飛行士らが残した足跡などを映し出しています。
火曜日(9月6日)に公開されたこの写真はNASA=アメリカ航空宇宙局の月探査機が先月撮影したもので、1969年から72年にかけて打ち上げられた、アポロ12号、14号、そして17号の着陸地点が写っています。
(このうち)アポロ17号の着陸地点の画像には、宇宙飛行士の足跡や月面探査車の車輪の跡、それに置き去りにされた着陸船の台座などが写っています。
NASAではこのような活動の跡がそのまま残っているのは、月に大気がなく(地球のような)風が吹かないためだと説明しています。
アポロ計画をめぐっては、月面探査は本当にあったことではなく、宇宙飛行士の活動は映画のスタジオで撮影されたものだと疑う声がありますが、NASAではこの画像がアメリカ国民に、アポロ計画の輝かしい成果を思い出させてくれるはずだと話しています。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。