OBAMA SIGNS BILLは「オバマ大統領、法案に署名」です。署名によって、アメリカ政府の債務上限を引き上げる法案が法として成立し、超大国による債務不履行(デフォルト)という最悪の事態が、ぎりぎりのタイミングで回避されました。
国債などの元利返済義務のdefault(不履行)に陥るのを避けるため、与野党間では、どんな駆け引きが行われたのでしょうか。オバマ大統領の発言から読み解いていきましょう。そして、アメリカ政治のgridlock(行き詰まり)は世界にどんな影響を与えたのか。日本のみならず世界各国が注目したニュースを、英語で学んでみましょう。

このコンテンツの公開は終了しました。

The U.S. Senate has approved a bill that allows the government to raise its debt ceiling.
President Barack Obama has signed the bill into law, averting a default on America's debt obligations just hours before the deadline of midnight on Tuesday.

(Barack Obama / U.S. President)
"Congress has now approved a compromise to reduce the deficit and avert a default that would have devastated our economy. And since you can't close the deficit with just spending cuts, we'll need a balanced approach where everything is on the table."

The bill calls for 917 billion dollars in spending cuts over the next 10 years. A bipartisan committee will be set up to consider ways to achieve an additional cut of 1.5 trillion dollars. In return, the bill allows the government to raise the debt limit by at least 2.1 trillion dollars.
That amount is enough to get the government through the 2012 presidential race without additional funding.
The spending reduction was much less than Obama's original target of four trillion dollars.
The political gridlock surrounding the debt ceiling deeply undermined the credibility of the world's largest economy.
The possibility of the U.S. defaulting on its debt obligations had prompted global investors to sell their dollar assets, leading to a sharp decline in the value of the U.S. currency.
番組やホームページで題材にする英語ニュースは、放送から一定期間が経過したニュースです。そのため、現在は状況や事実関係が異なっている場合があります。
アメリカ議会上院は、政府債務の上限を引き上げることを認める法案を可決しました。バラク・オバマ大統領は法案に署名して法律として成立させ、アメリカが債務不履行(デフォルト)に陥る事態は、火曜(8月2日)夜12時という期限のわずか数時間前に、回避されました。
(これを受けて)オバマ大統領は、「議会は今や財政赤字を削減するための妥協案に賛成し、アメリカ経済を荒廃させかねなかったデフォルトは回避されました。ただし、赤字の解消は歳出削減だけではできません。すべてを交渉の対象とする、バランスのとれた取り組みが必要です」と述べました。
この法律は、今後10年かけて9,170億ドルの歳出削減を行うとしています。さらに二大政党による超党派の委員会を立ち上げ、1兆5,000億ドルを追加で削減する策を検討します。
同時にこの法律は、政府の債務の上限を少なくとも2兆1,000億ドル引き上げることを認め、これによって政府は追加の資金調達をすることなく、来年の大統領選挙が終わるまでの支出を賄うことができるようになります。
(ただ)この歳出削減は、オバマ大統領が当初目標とした4兆ドルを大きく下回りました。
債務の上限をめぐる政治の閉塞状態は、世界最大の経済大国であるアメリカの信頼を大きく傷つける形となりました。
アメリカが債務不履行に陥る可能性が生じたことは、世界中の投資家にドル資産の売却を促し、急激なドル安を招くことになりました。
この日本語は学習用に英文ニュースを和訳したものであり、実際の放送された日本語のニュースと表現が異なる場合があります。

ログインするとセンテンス・キーワード・ボキャブラリーをご利用いただけます。