取材ウラ日記

日本では“厄介者” タイワンリスの強さのヒミツとは…

みなさんは「タイワンリス」をご存知ですか?名前の通り、台湾に生息しているリスなんですが、日本にも外来種として定着している動物なんです。「タイワンリス」の名前を、ニュースで聞いたことがある人もいるかもしれません。実は今、日本のタイワンリスはどんどん生息地を拡大しているんです。それと同時に、日本各地で農作物がリスに荒らされる被害も出ています。みかんなどの果物をはじめ、トマトや大根、キャベツまで!なんでも食べてしまいます。しかも農家の方に話を聞くと、リスたちは集団になって畑を荒らしにやってくるらしいのです。日本のリスとは大違いです!いったい本来の生息地である台湾ではどんな暮らしをしているのか、番組では、台湾、そして日本で、様々な角度からタイワンリスの強さのヒミツに迫りました。一番の驚きは、リスたちが様々な鳴き声を発して、仲間とやりとりをしていることです。しかも、犬やカエル、鳥そっくりの鳴き声を出すんです!「リスが犬そっくりにほえるなんてあり得ない!」と思う方、ぜひ番組を見てびっくり仰天してくださいね。

また今回の番組では、タイワンリスが本来生息していないはずの日本に居ついてしまった経緯についても紹介しています。かつて、タイワンリスは飼育用として外国から輸入されていた時代があったんです。そして、その一部が野生化しました。そんなリスたちに多くの人が餌を与えてきたため、日本の自然環境で数を増やしたのです。そして今や、農作物被害を始め、日本の生態系を崩す心配まであがっています。 「ペットとして飼ってみたい」、「かわいいから餌をあげたい」、かわいい動物の姿を見ると、私もついそう思ってしまいます。ですが、今回タイワンリスの取材を通して、海外の生きものを日本に持ち込むこと、野生動物に人間が餌を与えること、がどんな悲劇につながるか、よく考えなきゃいけないと感じずにはいられませんでした。

  • タイワンリスの暮らす台湾南部、熱帯の原生林

    タイワンリスの暮らす台湾南部、熱帯の原生林

  • リスなのに、犬そっくりの鳴き声で“ほえる”!?

    リスなのに、犬そっくりの鳴き声で“ほえる”!?

  • 木から木へ 自由自在にジャンプ!

    木から木へ 自由自在にジャンプ!

  • 日本では ミカン畑を荒らし問題に…

    日本では ミカン畑を荒らし問題に…