ダーウィン図書館

Array回「命がけ!荒波に挑む 森のハト」

【総合・地上デジタル】

神奈川県、大磯町の海岸。荒波が打ち寄せる磯に降りたつ、鮮やかな緑色をした鳥の大群。アオバトです。アオバトは、普段は山奥で暮らす森のハト。ところが、毎年春から秋、大群で海にやって来るんです。しかし、海には危険がいっぱい。磯に着地したアオバトに、数メートルの大波が次々と襲いかかります。多くが波を避けて逃げる中、波にのまれて命を落とすものも少なくないんです。特に、台風などで海が荒れると、一日で100羽近いアオバトが犠牲になることも。さらに、アオバトの脅威は、荒波だけではありません。天敵のハヤブサが、磯に集まるアオバトを狙っているんです。アオバトは小回りを利かせた巧みな飛行と、自らの羽を犠牲にした捨て身の技で、ハヤブサの攻撃から必死に逃れます。アオバトにとって、海に来ることは文字通り“命がけ”なのです。しかし、いかなる困難が迫ろうと、アオバトは磯に降り立ちます。そこまでして海にこだわる理由は、何と海水。この時期のアオバトの主食は木の実。木の実には、糖分や水分は豊富ですが、生きていくために必要な「ナトリウム」がほとんど含まれていないのです。アオバトは不足するナトリウムを海水で補うため、海にやって来るのです。

さらに、今回、これまでほとんど撮影されたことのないアオバトの子育ての撮影にも成功。山奥で懸命にヒナを育てる親鳥の様子を記録しました。

荒波に挑むことを宿命づけられたアオバトの不思議な暮らしぶりに迫りました。

放送予定

NHKから提供できるものとしては最新の情報です。 ただし緊急の変更時には更新されない場合があります。