ダーウィン図書館

Array回「ウナギ大調査!産卵の謎を追え」

【総合・地上デジタル】

かば焼きでおなじみのスタミナ食材・ウナギ。日本人にとっては昔から身近な魚です。近年、数を大きく減らしていると話題になっています。ウナギの自然下での暮らしぶりは意外にも分からないことだらけ。
どこで生まれるのか、その場所すら長年、大きな謎とされてきました。産卵場所がわかったのはごく最近、2009年のこと。川で暮らすウナギは、日本から2500キロも離れた太平洋のグアム沖で産卵するのです。その後、海流に乗って半年もの長旅をし、日本へ辿りつくといいます。

驚きの事実をつきとめたのは、東京大学の塚本勝巳教授。40年間に渡ってウナギの一生を調べ続けてきた、世界的なウナギ博士です。
この夏、塚本教授は前代未聞の挑戦を行いました。自ら最新鋭の潜水艇に乗りこみ、グアム沖の深海に潜行。まだ誰も見たことのない、ウナギの産卵シーンを観察しようというのです。
しかし、だいたいの海域はつかめていても、観察のためには産卵現場をピンポイントで突き止めなければなりません。塚本教授は長年の調査から得られてきたヒントをもとに、ウナギの産卵現場に迫っていきます。

まず、日本から太平洋に乗り出した親ウナギは、海底山脈に沿ってグアム沖を目指すといいます。
そして、生まれ故郷の海に到達したことを匂いで感じ取ると、数万匹が一か所に集結。新月が近づいた夜、巨大なかたまりとなって産卵するといいます。

調査では、産卵直後の卵を大量に発見し、産卵場所の特定に成功!その現場に潜行した潜水艇は、はたして産卵行動を観察できるんでしょうか?

ウナギ減少問題の解決にもつながると期待される大調査。3か月に渡るスリリングなドキュメントです!

放送予定

NHKから提供できるものとしては最新の情報です。 ただし緊急の変更時には更新されない場合があります。