夏休みスペシャル 超豪華!夏の夜の主役たち大集合

第560回「夏休みスペシャル 超豪華!夏の夜の主役たち大集合」

2018/8/5(日)午後7時30分~

暑〜い夏の夜に楽しむものと言えば、夏祭りの「踊り」、暑さを忘れさせてくれる「怖い話」、そして夜空を彩る「花火」。今回はその3つをキーワードに、それにちなんだ生きものたちを一挙に紹介する夏休みスペシャル。まずは踊り。メスへのアピールのため、キレッキレの踊りを披露する鳥はコウロコフウチョウ。そのテクニックは若オスたちが集い練習をする「踊りの学校」で磨かれる。美しく輝くお腹と華麗な足さばきで求愛するのはクジャクグモ。ところが、踊りを気に入ってもらえないと、メスに食べられてしまうことも!リズミカルなステップで「狩りの舞い」をする鳥はアメリカヤマシギ。地面に振動を与え、獲物のミミズが地表に出てくるのを待つ。続いて、コワイ生きものたち。ムラサキダコは、天敵が近づくと大変身し、腕に巻きつけてあった膜を広げ、まるで幽霊のような姿になる。エイリアンフィッシュは、怪物のような大口でライバルと戦い、変顔鳥タチヨタカは、黄色い目玉と赤く大きな口を突然バッと見せつけ、近づいてきた相手を威かくする。みんなとびきりの怖い姿だ。最後は、花火に負けないくらい美しく輝く生きものたちの「光のショー」!パプアニューギニアのオスのホタルは、森の奥深くにいるメスに存在を示すため、1本の木に集まり一致団結して点滅。まるでイルミネーションのような美しさだ。フィリピンの海に暮らすヒカリキンメダイの仲間は生物最強と言われる輝きを駆使。天敵対策や恋にも光は不可欠、食事のときには天の川のような光の大乱舞も見せる。熱い踊りも、怖い姿も、光の営みも。全ては自然を生き抜く力そのものだった。

※画像クリックで拡大します