巨大イグアナ 大繁栄の秘密

第552回「巨大イグアナ 大繁栄の秘密」

2018/6/3(日)午後7時30分~

全長が最大2mにもなるトカゲ、グリーンイグアナ。全身ゴツゴツしたウロコに覆われ、背中にはたてがみのようなトゲが並ぶ。恐竜のようないかつい姿は迫力満点だ。中南米の乾燥地から熱帯雨林までさまざまな環境に適応し、トカゲの中で最も繁栄した種とも言われる。大繁栄の最大の秘密は「草食」。肉食が主流のトカゲの世界で、草食を貫く種類は、わずか1%。およそ30種の植物を食べるグリーンイグアナは、ジャングルの中で無尽蔵の食料に囲まれて生活しているようなもの。食べ物探しに苦労する他のトカゲを尻目に大繁栄を遂げたのだ。しかし、草食の暮らしには制約がある。葉から得られるカロリーは昆虫の10分の1程度しかないため、極度の省エネ生活を強いられる。実に日中の96%を微動だにせず過ごす。動かないイグアナは天敵から無防備のように見えるが、ヘビなどが迫ると、川に張り出した枝から水中に落下して逃げる。シンプルだが効果的な対抗策でピンチを切り抜けるのだ。草食の強みが最も発揮されるのが、赤ちゃんの時期。ほかのトカゲの赤ちゃんは、各々で虫を探さなければならないため、群れを作ることが難しい。一方、イグアナの赤ちゃんは仲良く一緒に葉っぱを食べられるので、群れを作ることが出来る。群れの皆で天敵に警戒するため、いち早く天敵の接近に気付くことが出来るのだ。中米コスタリカを舞台に、一風変わったグリーンイグアナの暮らしに密着。トカゲ界の異端児の成功の秘密を解き明かす。

※画像クリックで拡大します

取材こぼれ話

巨大イグアナ 大繁栄の秘密 編

番組お蔵入りの危機 イグアナが動かない…

イグアナのさまざまな生態を撮ろうと、意気込んでコスタリカに向かった私たち。幸いすぐにたくさんのイグアナに出会えて一安心、と思ったのもつかの間、たちまち不安に襲われました。と言うのもイグアナは、一日中、日なたぼっこをしているだけで何もしないんです。日光浴の映像だけが異様に増えていく日々。このままでは「番組お蔵入り」の危機です。ところが、繁殖シーズンが始まったとたんイグアナたちの行動がガラリと変わったんです。とにかく情熱的に動く!動く!あちこちで恋の大騒動が起こるため、カメラマンだけでなくスタッフみんなで手分けして撮影をしなければならないほどでした。あまりの極端な変化に、恋の力の偉大さを実感してしまいました。

ビックリ仰天!お手もするし水洗トイレも使う

イグアナの魅力を余すことなく伝えたい!外国の文献などを詳しく調べたところ、イグアナはペットとしても人気で、さまざまな「賢い行動」をすることがわかりました。そこで、国内でイグアナを飼っている方々に呼び掛けて、イグアナの面白行動の映像を送ってもらうことにしました。集まった映像は衝撃的。「お手をする」「掃除機に乗って遊ぶ」「水洗トイレを使う」!!!飼い主さんの深い愛情とそれに応えるイグアナ。驚きの映像はもちろん番組で紹介します!皆さんも、は虫類のイメージが変わること間違いなしですよ。(ちなみに、イグアナの飼育には巨大なケージが必要で、温度を維持するために毎月数万円の光熱費もかかります。十分な準備と覚悟が必要です。)