追跡!海を泳ぐカンガルーの謎

第515回「追跡!海を泳ぐカンガルーの謎」

2017/7/23(日)午後7時30分~

オーストラリアの東海岸。観光客で賑わうビーチリゾートで、20年ほど前から奇妙な目撃情報が増えている。カンガルーがどこからともなく現れて、海を泳ぐのだという。岸から100mほど、ときには30分近くも泳ぐこともある。カンガルーといえば乾燥の大地を跳び回る動物。それなのに一体なぜ海で泳ぐのか?カンガルー研究40年以上の研究者も「カンガルーが自ら波のある海に入るとは考えられない」と首をかしげる。そこで、世界で初めて、ダーウィン取材班が謎の解明に挑んだ。目撃情報が最も多い南東部の海岸で待ち構えると、早朝に列をなして波打ち際へ向かうカンガルーの群れを発見!頭までの高さ1.5m、大型のカンガルー、オオカンガルーだ。観察を続けると、普段は温和なカンガルーがほえたり、波打ち際でジャンプして転んだりする奇妙な行動を次々と目撃。やがて、ゆっくりと海に近づくカンガルー。一気に飛び込んだ!ついに泳ぐカンガルーの撮影に成功だ。泳ぐ理由として考えられるのは、?天敵対策、?体温調節、?寄生虫退治の3つ。果たして、答えはこの中にあるのか?研究者の協力のもと、今回の観察で分かったことを総動員して徹底検証する。さらに、カンガルーが海岸にやって来るのは、泳ぐ以外にも重要な目的があることを発見。密着取材と数々の驚きの映像から見えてきたのは、カンガルーの持つしなやかな素顔だった。

※画像クリックで拡大します

取材こぼれ話

追跡!海を泳ぐカンガルーの謎 編

始まりは1枚の写真

今年初め、オーストラリアの他の生きものを調べていたとき、偶然目に止まった1枚の写真。なんとカンガルーが泳いでいる!カンガルーといえば、乾燥の大地をジャンプして移動する、海とは縁遠い動物。それがなぜ海にいて、しかも泳ぐのか!?その謎を解きたくて取材を始めました。

世界で初めて謎解きに挑戦

ところがオーストラリア中のカンガルー研究者に問い合わせても、誰も調べていません。撮影に行ってその理由が判明。目撃情報によると、泳ぐのは、季節・時間帯・天候・潮の満ち干、全て関係なし。観察が非常に難しいので研究テーマにできないんです。撮影を終えて映像を見てもらったところ、初めて見たと大変驚かれました。

激レア映像発掘!

目玉の1つ、泳ぐカンガルーの水中映像。1974年にプールで撮影されたという論文を見つけ、オーストラリア国立フィルム&音声アーカイブスが保管していることをつきとめました。ところが著作権を持つカメラマンはすでに亡くなっていました。SNSで娘さんを探して書き込みをし、無事使用の許可を得ました。40年以上を経て日の目を見た貴重な映像です。