ジャッカル 成功への道

第171回「ジャッカル 成功への道」

2009/11/15(日)午後7時30分~

タンザニア、セレンゲティ平原で暮らすセグロジャッカルは体長50cm。サバンナの肉食動物のなかでは小柄。名前の通り背中が黒い毛におおわれ、長い足と大きな耳を持っています。毎年乾季の8月、シロアリのアリ塚を利用してユニークな子育てがおこなわれます。前の年に生まれた子供のなかで最も成長の遅い未熟な子が独立せずに親元に残り、親の子育てを手伝います。その子供はヘルパーと呼ばれます。ヘルパーは親元で一人前になるための修業を積む傍ら、身を呈してハイエナを追い払い子供の安全を守ったり、食べ物を運んだりとかいがいしく子守をするんです。しかし、ヘルパーの生活は予想外に辛く厳しいもの。いくら子守を手伝っても、親がヘルパーに食べ物を分け与えることはありません。ヘルパーは親の縄張りで狩りの訓練を繰り返し、狩りの腕を上げていく。やがて、苦労が実を結ぶ時がやってくる。ヘルパーは一人前になり、生涯連れ連れ添う伴侶を見つけて独り立ちしていく。未熟な子供が一年間独り立ちを遅らせた分、確実にサバンナで生き延びる知恵と力を身につけていく仕組みがセグロジャッカルの子育てにはありました。番組ではヘルパーの成長の過程を見つめながら驚くほど粘り強い狩りや、かわいい子どもたちを紹介しました。

※画像クリックで拡大します

取材こぼれ話

タンザニア・セレンゲティ平原 編

セグロジャッカル君、ばかにしていてゴメンナサイ

これまでアフリカで何度も野生動物の撮影を行ってきましたが、セグロジャッカルを真剣に見つめる機会を得たのは今回が初めてでした。ライオンやヒョウ、チーター、ハイエナなどアフリカの大型肉食動物が獲物を食べているところにどこからともなく現われてきて、獲物をかすめ取っていたのがセグロジャッカルでした。「この動物は他の動物が倒した獲物をかすめ取ったり、死肉をあさって生きているんだ。ちょっとカッコ悪い」と、あまり興味を持つことはありませんでした。ところが一昨年前、八月のセレンゲティでサーバルの撮影をしているときに、セグロジャッカルの巣穴を偶然発見。そこにかわいい子供たちがいたんです。そのときの撮影の目的はサーバルだったので、長時間観察することはできなかったんですが、仲のいい二匹の大人のセグロジャッカルに加えてもう一匹、別の大人のセグロジャッカルが子供の世話をしているのを目撃しました。二匹はお父さんとお母さん、そしてもう一匹は前の年に生まれた子供でした。その家族を見ていて驚いたのは、親が子供に吐き戻して与える肉が新鮮であったことと、量が多いことでした。「セグロジャッカルは死肉あさりでだけで生きているんじゃない。自分たちでちゃんと狩りをしているんだ」って気づいたんです。「どんな狩りをしているんだろう。そして両親と前の年に生まれた子供が今年生まれた妹や弟をどのように世話しているんだろう」と、興味がふつふつと沸き上がってきました。その思いが叶って今回の撮影に至りました。

被写体探して14家族 だるまさんが転んだ作戦

撮影地はタンザニア、セレンゲティ平原。毎度、動物取材のスタートは被写体探しからです。実は、セグロジャッカルの撮影、苦労しましたぁ。苦労のない撮影は一度もないのですが、今回の苦労は想像していませんでした。いい被写体がなかなかみつからなかったんです。いい被写体の条件は、家族構成が父親と母親、そして両親の子育てを手伝う前の年に生まれた子供、さらに、今年生まれた元気な子供たちがそろっていること。しかも今年生まれた元気な子供は五匹が望ましい。でも、家族構成は条件通りでも、父親が元気がないとか、前の年生まれのお手伝い役の働きが悪い場合は不合格。うまくそれらを満たしていても、人間を極端に警戒して逃げてしまうというのでは撮影になりません。今回は、この警戒心に悩まされました。「セグロジャッカルってこんなに警戒心が強かった?」ってカメラマンも不思議がることしきり。セグロジャッカルの警戒心は子育ての時期に強くなるようです。知らなかった(;一_一)。そのため警戒心の比較的強くない被写体を探して14の家族をチェックしました。限られた撮影日数が被写体探しで消えていく・・・。取材で一番つらい状況です。そして、やっと見つけたのが今回放送される家族です。それでも警戒心がないわけではありません。被写体との距離は150メートルもあるんです。これでは、細かな表情や仕草が撮影できません。なんとかせねば。そこで試みたのは「だるまさんが転んだ作戦」。毎日少しずつ子育てに使っているアリ塚に近づいていくというもの。この作戦で最後にはアリ塚までの距離90メートルを達成。

撮影の敵は風とかげろう

なんとか被写体を確保することができ、いざ、撮影。ところが、夜が明け、草原に日が昇ってくるとインド洋からの季節風が吹き荒れるんです。半端な風ではありません。撮影は車の中から行っているのですが、その撮影車が風に揺さぶられてしまうんです。被写体までの距離が遠い上にカメラが揺れてしまえば映像はぶるぶると震えてしまいます。でも、放送される映像はぶるぶるとは揺れていません。実は今回使用した撮影レンズには防振装置が組み込まれていたんです。その機能をONにすると、小刻みな震えが魔法のように消えます。機材性能の高さに救われました。でも、日が昇るともうひとつ厄介な問題が起こります。かげろうが立つんです。かげろうが立つと映像がシャープになりません。ピンボケみたいに見えてしまいます。こればかりは解決できませんでした。ときどき、かげろうに揺れる映像が出てきますが、どうかお許しください。

見どころはズバリ「長距離 大追跡」の狩り

冒頭にも記しましたとおり、「セグロジャッカルはどんな狩りをするんだろう」という疑問が解決できました。セグロジャッカルの狩りはすごいんです。その狩りの様子を撮影できました!\(^o^)/もちろん番組中で紹介いたします。どの程度の長距離なのか、どんな大追跡なのか是非見ていただきたいと思います。