目撃!タカ対スズメバチ

第118回「目撃!タカ対スズメバチ」

2008/9/28(日)午後7時30分~

夏、日本の森で子育てする渡り鳥ハチクマ。ハチでもクマでもなくタカの仲間です。なんとこのタカ、地中のスズメバチの巣を掘り出し、しかもそれが主食という変わった鳥。どうやって危険なスズメバチの巣を襲うのか、これまで撮影されたことがなかったその瞬間の映像が撮影されました。
ハチクマは、翼の端から端まで1.5メートル。一日の大半を過ごすのは森の中。人前に姿を現すことの少ない謎の鳥です。そんなハチクマの姿を追いかけているのは、信州ワシタカ類渡り調査研究グループ。17年に渡る密着調査の結果、ようやくその生態が垣間見えてきた。まず彼らが発見したのは、5月、ハチクマが必ず姿を見せる場所。養蜂家が置いたミツバチの巣箱のそばに出現します。お目当ては巣箱からはみ出たミツバチの巣盤。そこにはミツバチの幼虫が入っています。春に咲く花の開花にあわせて次々に生まれてくる栄養満点のごちそうをむさぼります。
初夏、ハチクマは森の大木に巣を作っている。そこにはひなが2羽。およそ1ヶ月で子育てを終えるハチクマ、短い期間で子育てを終えられるのには秘密があります。次々と親鳥が巣に運んでくるのは、なんとスズメバチの巣盤。その小さな一つ一つの部屋には、タンパク質やミネラルなどの栄養分を豊富に含むハチの幼虫が詰まっているからです。
ハチクマが好むクロスズメバチが巣を作るのは地中。その入り口近くに赤外線センサーを取り付けた無人カメラを仕掛けました。しかしどのハチの巣をハチクマが襲うかは全く予想がつきません。あるとき、起動した無人カメラに期待しつつテープを再生すると地面をあるくネズミだったり、せっかくハチクマが映っても収録テープが途中で一杯になったり。
ようやくハチクマがスズメバチの巣を掘り出す瞬間を撮影できたのは3年後のことでした。
森の中で、伝説ともなっていたタカの謎を追う、執念の物語。

※画像クリックで拡大します

取材こぼれ話

長野県・松本市周辺 編

伝説の決定的瞬間を見たい!スズメバチを掘るタカ

夏の間、東南アジアから渡ってくるタカ、ハチクマ。その奇妙な名前は、ハチを食べるクマタカに似た鳥ということからつけられたと言います。地面の下のクロスズメバチの巣を掘り出して食べるという伝説がありましたが、これまで遠くで見たという人はわずかにいても、撮影されたことはありませんでした。森の中に潜んで、ふだんもなかなかその姿を見ることができないという鳥はどんな鳥なのか、番組では解き明かしていきます。

ハチクマを追い続けて17年の猛者

このハチクマの撮影には、長い時間がかかりました。スタッフがスズメバチの巣を掘るタカがいると耳にしたのは、かれこれ8年前のこと。これまで、誰も撮影したことがないというハチクマの姿をとらえたいと、挑戦を始めました。 そんなとき、情報が入りました。長野でハチクマに発信器を取り付け、追跡に成功しているグループがあるというのです。さっそく会いに行きました。信州ワシタカ類渡り調査研究グループが調査していたのは、長野県松本市周辺。この場所では、19年前、北日本の鷹が秋に大集結することが発見されました。今では「鷹見の広場」と名づけられて、秋になると、たくさんの人たちがハチクマやノスリなどの観察に訪れます。 発見のしばらく後から、それまでナゾの鳥とされていたハチクマの追跡が始まったんです。

人も追うハチの子

決定的シーンを撮影するには、まずハチを見つけることから。調査グループの人たちは、地元のハチ追い名人に弟子入り、ハチの巣探しの技を教えてもらって、まずはハチの巣をたくさん見つけることから始めました。 クロスズメバチの巣の前にカメラを構え、まだ誰も撮影したことのない決定的瞬間の撮影に挑みました。周りからは目立たないようにカモフラージュをし、待ち構えてみたものの、ハチクマはなかなか現れず・・・ それと平行して、ハチクマの巣の撮影にも挑戦しました。巣で待っていると、ハチクマの親がヒナのために食べものを持ってきます。 それは、まさにハチの巣!確かにハチを食べていることが実感できた瞬間でした。

どうやって「決定的瞬間」を映像に?

撮影をしていく上で最大の壁は、なんと言っても肝心のハチの巣掘りがいつまで経っても撮影できないこと。人の気配を極端に嫌がるハチクマは、待てども待てどもカメラの前に近づいてきません!そこで今回は、肝心のシーンがほとんど無人カメラでの撮影となりました。突然やってくるハチクマの姿をとらえるために、大活躍したのが赤外線センサー。いつでもハチクマがハチの巣に近づいてくれば、それを感知してその映像を残すことができるんです。

ついに撮影成功!新たな謎も

番組では、長年の謎だったハチクマがスズメバチの巣を掘り出すところから食べるところまでを初めてみなさんにご覧に入れます。スズメバチをむさぼるハチクマ。なぜかそれほど強烈には反撃しないスズメバチ。これまで日本で撮影されたことがないという、驚きたっぷり、見れば見るほど不思議満載の初公開映像をお楽しみください。